MENU

12:34
崔善姫第1外務次官、米大統領の武力使用発言と比喩呼称が計画された挑発なら問題は変わる

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español]

 

朝鮮民主主義人民共和国の崔善姫第1外務次官は5日、次のような談話を発表した。

数日前、NATO首脳会議の期間に再び登場した対朝鮮武力使用という表現は国際的に大きな波紋を呼び、懸念を抱かせている。

われわれがなおいっそう気分が悪いのは、朝鮮の最高の尊厳に対して丁重さを失ってあえて比喩法をむやみに使ったことである。

これにより、米国と米国人に対するわが人民の憎悪は激浪を起こし、よりいっそう熱くなっている。

既報のように、朝鮮人民軍はこれについて即時、自分の激した立場を明らかにした。

わが外務省もやはり、最大に鋭敏な時期に不適切に吐き出したトランプ大統領の発言に不決感を自制することができない。

トランプ大統領の武力使用発言と比喩呼称が即興的にひょいと飛び出た失言であったなら幸いであるが、意図的にわれわれを狙った計画された挑発なら問題は変わる。

まさに2年前、大洋を隔てて舌戦が行き来していた時を連想させる表現を意図的に再び登場させることであるなら、それは極めて危険な挑戦となるであろう。

われわれは、武力使用と比喩呼称が再び登場するかを見守るであろう。

もし、もし、そのような表現が再び登場してわれわれに対する米国の計算された挑発であったことが再確認される場合、われわれもやはり米国に対する真っ向からの対応の暴言を開始するであろう。

現在のような危機一髪の時期に、意図的にまたもや対決の雰囲気を増幅させる発言と表現を使うなら、本当に老いぼれのもうろくが再び始まったと診断すべきであろう。

われらの国務委員長は、トランプ大統領に向かっていまだいかなる表現もしていない。

Category: 日本語 | Views: 41 | Added by: redstartvkp | Tags: DPRK-US relations, DPRK, DPRK Foreign Ministry, Korea, usa