MENU

22:31
「コビッド19」の流行を防ぐための研究が活発に行われています

 

共和国の科学研究機関が、今までは「コビッド19」が未発生ではありますが、感染者が発生する場合、即時対策を講じるための抗ウイルス剤の開発に綿密に取り組んでいます。

医学研究院の医学生物学研究所と薬学研究所では、有能な研究者を選抜して抗ウイルス剤の開発を極力推し進めており、国家微生物検定所では、国家科学院生物工学分院の開発の注射薬が無毒性検査で合格したことについて明らかにしました。

ピョンヤン医科大学薬学部では,新しく研究したインフルエンザウイルス、鳥インフルエンザウイルス、コロナウイルスなどを防げる薬剤についての臨床検討をすでに充分行いました。

コリョ医学総合病院の研究者は、コリョ抗ウイルス剤についての研究とコリョ薬草の抗ウイルス成分を利用する研究を深めています。

国家科学院では、共和国の実情に合う検査法を確立して、外国出張者と接触者、風邪と急性呼吸器疾患の患者を隔離したところで医学的観察をより正確に出来るようにしました。

一方、他の国で発表した研究資料を総合分析したのに基づいて、共和国の実情に合う参考書、技術書の作成と配布も迅速に行っています。

Category: 日本語 | Views: 45 | Added by: redstartvkp | Tags: Coronavirus, North Korea, COVID-19, DPRK, Korea