MENU

06:46
南朝鮮当局の黙認の下に「脱北者」くずが反朝鮮敵対行為

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español] [Deutsch]

 

去る5月31日、「脱北者」というくずが前線一帯に現れて反朝鮮ビラを散布する妄動を強行したことで、朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長が事態の重大さを警告する談話を発表した。

6月4日に発表された談話「自ら災いを招くな」の全文は、次の通り。

 

自ら災いを招くな

 

去る5月31日、「脱北者」なる連中が前線一帯に現れて数十万枚の反朝鮮ビラをわが方の地域に飛ばすならず者行為を働いたというニュースを見た。

問題は、人間の値打ちもないくずのような連中がむやみにわれわれの最高の尊厳にまで触れ、「核問題」に言いがかりをつけて不作法に振る舞ったことである。

その馬鹿者、「脱北者」なる連中が何をしていた者かを世界が知っているか分からない。

本当に、見物だと言うべきであろう。

文字をやっと読めるかどうかというその馬鹿者らが概念も持たずに「核問題」を論じようとかかってくるのだから、門前の小僧習わぬ経を読んだようなことだと言うべきであろう。

生まれた祖国を裏切った獣にも劣る人間のくずが人間の真似をしてみようとせいぜいすることがあの行為なのだから、汚い口をつぐまず吠え立てる連中に対して雑犬だと言わざるを得ない。

雑犬は雑犬で、それがうろつきながら悪事だけを働いているのだから、今やその主人に責任をただすべき時である。

最も不適切な時期を選んで、最も卑劣な方式で「核問題」に言い掛かりをつけてわれわれに対する誹謗・中傷をはばかることなくした雑犬、くずのような連中の行為に対する後始末をする準備ができているのかを南朝鮮当局者らに聞きたい。

私は、もともと悪行を働く者よりそれを見ないふりをしたりあおり立てる者がもっと憎い。

南朝鮮当局は、軍事境界線一帯でビラ散布など全ての敵対行為を禁止することにした板門店(パンムンジョム)宣言と軍事合意書の条項を決して知らないとは言えないであろう。

北南間に敵対関係がいくら根深くて同族に対する敵意が骨髄に徹しているとしても、ある程度分別があるべきではないか。

現在のような時に、そちらの方でこのように低劣で汚らわしい敵対行為が許されるということが理解しがたい。

数日後には6・15の20周年を迎えることになるが、われわれの面前ではばかることなく恣行されるこのような悪意に満ちた行為が「個人の自由」だの、「表現の自由」だの、何のという美名の下に放置されるなら、南朝鮮当局は遠からず最悪の局面まで予測しなければならないであろう。

南朝鮮当局者らが北南合意を心から大事にして徹底的に履行する意志があるなら、われわれに取るに足りない「呼応」ほらを吹く前に家の中のくずからまともに捨てて掃除するのが当然であろう。

窮屈にも弁解する考えをする前に、そのくずの茶番劇を阻止させる法律でも作り、当初からして忌まわしいことが起こらないように万全を期すべきであろう。

はっきり言っておくが、再びなんらかの弁解でも並べ立ててそのまま放っておくなら、その代償を南朝鮮当局がどっさり払うしかない。

もし、南朝鮮当局が今回、自分の所で同族に対する悪意に満ちた雑音が出たことについて応分の措置を伴わせないなら、それが金剛山観光廃止に続いて無駄に見捨てられている開城工業地区の完全撤去になるか、あってもうるさいことしかない北南共同連絡事務所の閉鎖になるか、あってもなかっても同じの北南軍事合意の破棄になるか、とにかく十分に覚悟はしておくべきであろう。

善意と敵意は融合しないし、和合と対決は両立しない。

期待が絶望に、希望が水泡に変る世の中を一再ならず見たはずであろうが、最悪の事態を迎えたくないなら自分がやるべきことをしっかりすべきであろう。

Category: 日本語 | Views: 36 | Added by: redstartvkp | Tags: North Korea, Inter-Korean relations, defectors, Human Rights, South Korea, Kim Yo Jong, Korea, DPRK