MENU

07:31
朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議予備会議が開かれました

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

朝鮮労働党中央軍事委員会委員長の金正恩同志が会議を指導しました

朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議の予備会議がテレビ会議で6月23日、行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮労働党中央軍事委員会委員長である金正恩同志が、会議を司会した。

予備会議には、党中央軍事委員会の李炳哲副委員長と党中央軍事委員会の一部委員が参加した。

予備会議では、朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議に上程させる主要軍事政策討議案を審議し、本会議に提出する報告、決定書と国の戦争抑止力をいっそう強化するための国家的対策を反映した複数の文書を研究した。

予備会議で朝鮮労働党中央軍事委員会は、最近の情勢を評価して朝鮮人民軍総参謀部が党中央軍事委員会第7期第5回会議に提起した対南軍事行動計画を保留した。

 

金英哲副委員長が南朝鮮軍部に注意を喚起させると強調

朝鮮労働党中央委員会の金英哲副委員長は24日、次のような談話を発表した。

既報のように、6月23日に招集された朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第5回会議の予備会議では、朝鮮人民軍総参謀部が提起した対南軍事行動計画を保留し、推進中であった一連の対南行動も中止させる措置が取れた。

南朝鮮当局の今後の態度と行動いかんによって北南関係の展望について見通せるこの時点で、南朝鮮の「国防部」長官が機会をうかがって体面を立てるのに汲汲とし、不必要な虚勢を張る声を出す軽薄で愚昧な行動を取ったことに対してたいへん大きな遺憾を示さざるを得ない。

朝鮮半島の軍事的緊張緩和は、一方の自制と善意的な行動の結果だけでは実現されないし、相互尊重と信頼に基づく双方の努力と忍耐によってのみようやく守られて保証される。

南朝鮮軍部はこの機会に、自分らの「備え態勢」宣伝に注力する姿を見せようと思って演出し、「徹底的な対北監視維持」と「備え態勢強化」のように対立的な軍事的性格が濃厚な行動強化立場を際立つように表明する一方、われわれの行動に対して無鉄砲に「挑発」であるというごく刺激的な表現を乱発している。

24日、「国会」本庁舎で開かれたいわゆる法制司法委員会全体会議なるもので、鄭景斗「国防部」長官がわれわれの軍事行動計画が保留でない完全「撤回」になるべきだと度を過ぎる失言をしたことに対して非常に軽薄な行動であったと警告せざるを得ない。

今後、自分らの徹底的な「危機監視努力」と「軍事的備え態勢」が朝鮮半島の平和と安定の保障するのに寄与したと恩に着せようとするつもりであったなら、あまりにもでたらめで不適切な企図であると言ってやりたい。

いつか、われわれは今回と類似する南朝鮮「国防部」の無分別な言動について怖気づいた犬がもっと騒々しく吠え立てると評したことがあった。

われわれが公式的な対南立場発表で再びこのような荒い表現を使わないようにするには、賢明に思考し、行動すべきであろう。

威嚇的に聞こえるかも知れないが、われわれの「保留」が「再考」になる時には吠え面をかくことになるであろう。

南朝鮮「国防部」の時にかまわぬ失言のために、北南関係においてさらなる危機状況が生じてはならない。

自重が危機克服の「鍵」であることを知るべきである。

Category: 日本語 | Views: 33 | Added by: redstartvkp | Tags: Inter-Korean relations, Central Military Commission, Kim Jong Un, North Korea, DPRK, Korea, WPK, South Korea, Kim Yong Chol