MENU

06:47
朝鮮労働党中央軍事委第7期第6回拡大会議を招集

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

金正恩党委員長が拡大会議を指導

朝鮮労働党中央軍事委員会は、朝鮮の東海岸と北部内陸の複数の地域に甚大な影響を及ぼした台風9号によって咸鏡南道の検徳地区で多くの被害が出たことで9月8日午前、党中央委員会本部庁舎で拡大会議を招集し、国家的な被害復旧対策を討議した。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、拡大会議を指導した。

朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議には、党中央軍事委員会の委員と党中央委員会の各副委員長、党中央委員会重要部署の幹部、内閣、省、中央機関のメンバー、武力機関の指揮メンバー、水害復旧中央指揮部のメンバーが参加した。

金正恩党委員長は、会議で深刻な被害を受けた検徳地区の状況を詳細に通報した。

初歩的に掌握された資料によると、検徳鉱業連合企業所と大興青年英雄鉱山、龍陽鉱山、ペクパイ鉱山で2000余世帯の家屋と数十棟の公共建物が破壊したり、浸水したりし、45カ所に6万メートルの道路が流失し、59の橋梁が破壊され、31カ所に3500余メートル区間の線路路盤と2カ所に1130余メートルのレールが流失するなど交通が完全に麻痺する非常事態に直面するようになったし、検徳鉱業連合企業所の沈殿池のダムが破壊され、数多くの設備が流失するなど莫大な被害を受けた。

金正恩委員長は、予想外に押し寄せた台風被害によってやむを得ずわれわれは国家的に推し進めていた年末闘争課題を全面的に考慮し、闘争の方向を変更せざるを得ない状況に直面するようになったと述べた。

また、検徳地区を一日も早く復旧するのは検徳地区の人民と国家財産を保護するためにも切実であり、同時にわが経済の重要命脈を生かすためにも必ず先行すべき急務であると述べ、少なくとも10月10日までは新しい住宅の体裁をつくろい、道路と鉄道を復旧し、年末までは全ての被害を100%復旧することのできる国家的な非常対策を立てなければならないと強調した。

そして、党中央軍事委員会は検徳地区の被害と復旧建設規模を検討し、復旧建設をまたもや人民軍に委任することにした、人民軍だけがもう一つの戦線を展開することができると述べた。

朝鮮労働党中央軍事委員会は、検徳地区に派遣する人民軍部隊の力量編成と復旧建設任務、運輸機材と建設機材の保障および機動対策、セメントと燃油をはじめとする建設資材供給対策、連帯輸送対策などを規定し、検徳地区被害復旧指揮組を組織した。

金正恩委員長は、全国の自然災害復旧戦線に急派された人民軍軍人と建設者の徹夜復旧闘争によって収められた復旧建設成果について誇らしく紹介し、このような勢いなら、党が決定した通りに被害復旧活動を10月10日まで立派に締めくくることになるであろうし、検徳地区でも今年を勝利の年として立派に飾る最後の勝利の砲声が厳かに響き渡ることになるであろうと自信に満ちて述べた。

金正恩委員長は、咸鏡南道検徳地区の台風被害復旧に動員された全ての人民軍将兵が朝鮮労働党の頼もしい革命武力らしく偉大なわが人民のために、偉大なわが党のために、偉大なわが国家のために献身奮闘することによって栄光に輝く朝鮮労働党第8回大会前に聖なる戦闘任務を立派に締めくくるとの確信を表明し、咸鏡南道検徳地区の台風被害復旧闘争に関連する党中央軍事委員会の命令書に親筆署名した。

金正恩委員長は、こんにちの台風被害復旧闘争は祖国防衛、人民防衛であると述べ、自然の狂乱がいくら荒っぽく、われわれに挑戦と試練が折り重なるとしても一心団結、軍民一致の偉大な伝統の旗印を掲げて必ず栄誉ある勝利者になろうと熱烈に呼び掛けた。

Category: 日本語 | Views: 35 | Added by: redstartvkp | Tags: DPRK, Kim Jong Un, WPK, Korea, CMC