MENU

11:19
首都党員師団戦闘員の忠誠の報告の集い

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

金日成主席と金正日総書記にささげる首都党員師団戦闘員の忠誠の報告の集いが20日、チュチェの最高の聖地、錦繍山太陽宮殿広場で行われた。

党中央の近衛隊、別動隊の栄誉を輝かせた凱旋英雄たちが、誇るに足る勝利と栄光の報告をもって歩武堂々と広場に入った。

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である朝鮮労働党中央委員会の朴奉珠副委員長(党政治局常務委員)と平壌市党委員会の金栄歓委員長、首都党員師団の指揮メンバー、模範的な戦闘員、平壌市内の党、行政責任活動家が幹部席に姿を現した。

全ての参加者は、金日成主席と金正日総書記の太陽像を仰いで謹んであいさつした。

主席と総書記にささげる忠誠の報告を朝鮮労働党中央委員会副委員長である第1首都党員師団の崔輝師団長(党政治局委員)が行った。

報告者は、わが党と人民の永遠なる領袖であり、チュチェの太陽である金日成主席と金正日総書記に首都の党員が最高指導者金正恩党委員長が与えた戦闘任務を立派に遂行したことに関する勝利の報告、忠誠の報告を謹んでささげた。

また、条件と環境は厳しかったが、全ての戦闘員が党中央の崇高な構想を生命を賭してでも実現する信念の誓いで血をたぎらせ、忠誠の突撃戦、熾烈(しれつ)な徹夜戦、果敢な電撃戦を繰り広げて、数百世帯の平屋、低層住宅を建てて道路と河川をいかなる大水にもびくともしないように復旧したことを申し上げた。

そして、首都党員師団の戦闘員が党中央の別動隊としての威力をあまねく宣揚することができたのは、遠くて険しい災害現場を真っ先に訪れて涙なしには読めない公開書簡を送ってくれたし、党創立75周年慶祝閲兵式の高いひな壇で戦闘的鼓舞と感謝のあいさつを送り、機会あるたびに戦闘員の健康までいちいち気遣った最高指導者金正恩党委員長の大いなる信頼と愛があったからであると激情にかられた。

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である朝鮮労働党中央委員会の朴奉珠副委員長(党政治局常務委員)が、祝賀演説を行った。

朴奉珠副委員長は、最高指導者金正恩党委員長の委任によって党中央委員会の名で最精鋭首都党員師団の栄誉を宣揚して錦繍山太陽宮殿に駆けつけ、主席と総書記に勝利の報告、忠誠の報告をささげた全ての戦闘員を熱烈に祝った。

また、首都党員師団の戦闘員は栄光に輝く党の歴史にはっきりした一ページを誇らかに記してわが党員が党中央をいかに決死擁護すべきかを実践の模範で見せた前衛闘士であり、凱旋英雄であると強調した。

朴奉珠副委員長は、全ての戦闘員が受け持った革命の持ち場で継続革新、継続前進の気概を力強く宣揚することで、第8回党大会に向けた革命的進軍で党中央が最も信じる首都党員の栄誉をいっそう輝かしていくことを呼びかけた。

報告の集いでは、最高指導者金正恩党委員長に送る誓書が採択された。

 

 

Category: 日本語 | Views: 95 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Jong Un, COVID-19, DPRK, Pyongyang University of Medicine, North Korea, Korea