MENU

07:50
朝鮮労働党中央軍事委員会第8期第1回拡大会議

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

敬愛する金正恩総書記が会議を指導しました

朝鮮労働党中央軍事委員会第8期第1回拡大会議が2月24日、党中央委員会の本部庁舎で行われた。

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、党中央軍事委員会第8期第1回拡大会議を指導した。

拡大会議には、朝鮮労働党中央軍事委員会の李炳哲副委員長と委員が参加した。

また、朝鮮人民軍軍種および軍団級単位の指揮メンバーと人民軍党委員会の執行委員、一部の武力機関の指揮官、党中央委員会の当該部署の副部長が参加した。

朝鮮労働党中央軍事委員会第8期第1回拡大会議では、人民軍指揮メンバーの軍事・政治活動と道徳生活において提起される一連の欠点を指摘し、人民軍内に革命的な道徳規律を確立するための問題が主要に討議された。

敬愛する金正恩総書記は会議で、人民軍内に革命的な道徳規律を確立するのは単なる実務的問題ではなく、人民軍の存亡と軍建設と軍事活動の成敗に関わる運命的な問題であると述べ、この重大な問題の解決のためには何よりも新世代の人民軍指揮メンバーの政治意識と道徳観点を確立するための教育と統制を強化すべきであると語った。

会議では、人民軍内の全ての党組織と政治機関が革命規律と道徳気風を立てることを現時期、党中央の用兵体系を確立し、戦闘力を強化するとともに、革命軍隊の気高い精神的・道徳的優越性を発揚するための主な課題に掲げて度合い強く繰り広げることについて強調された。

会議では次に、武力機関の主要職制指揮メンバーの解任および任命に関する組織問題が取り扱われた。

朝鮮労働党中央軍事委員会は、キム・ソンギル氏を朝鮮人民軍海軍司令官に任命し、海軍中将の軍事称号を授与した。

キム・チュンイル氏を朝鮮人民軍航空・対空軍司令官に任命し、航空軍中将の軍事称号を授与した。

会議ではまた、主要指揮メンバーの軍事称号の昇格に関する決定を採択した。

朝鮮労働党中央軍事委員会の決定に従って、朝鮮民主主義人民共和国の金正官国防相と朝鮮人民軍のクォン・ヨンジン総政治局長に朝鮮人民軍次帥称号が授与された

 

朝鮮労働党中央軍事委員会の金正恩委員長が指揮メンバーの軍事称号の昇格を命令

 

朝鮮労働党中央軍事委員会委員長である敬愛する金正恩同志は24日、主要指揮メンバーの軍事称号を昇格させることに関する命令を下達した。

命令によると、中将の軍事称号がチュ・ドンチョル、コ・ウォンナム、キム・ヨンムン、キム・チュンソン、チャン・スンモの各氏に、少将の軍事称号がリ・ミョンホ、キム・チョルジュ、チョン・ボンチャン、シン・ジョンナム、チェ・デウン、リ・ドゥイル、チョン・ウンチョル、カン・チョルリョン、カン・ギョンホ、パク・ジェヨン、ハン·ジョンシク、チョン・ヨンチョル、ファン・ソンチョル、ソン・ヨンセ、シン・ジェヨン、オ・ヨンス、キム・ジンウク、チョン・ミョンハク、チュ・チョルジン、リ・ミョンホ、リ・インス、パク・テイ、ソ・チャンホ、チェ・インチョル、リム・ハク、キム・ミョンイル、ハン・ジョンチョルの各氏に授与された。

 

 

Category: 日本語 | Views: 35 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Jong Un, Central Military Commission, Korea, DPRK, Enlarged Meeting