MENU

朝鮮民族の始祖タングン

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Deutsch]

 

タングン、檀君は朝鮮民族の始祖で、朝鮮の歴史上初の国家の古朝鮮を建てた建国の始祖です。

 

 

種族間の戦争が頻発する時、酋長の息子に生まれたタングンは、幼年時代と青年時代に武術の訓練に熱中し、自然と社会の道理を悟るために努めました。

武術に長けたタングンは次第に社会を改造し、変革しようとの大志を抱き、父の後を継いで酋長になった後、原始的な政治機構を階級間、種族間の対立を抑えるための暴力機構に改造し、発展させました。

こうした社会的変革に基づいて紀元前30世紀初めにピョンヤンに都を定めて初の国家を建てました。

正式の国号は「朝鮮」ですが、後世の朝鮮封建王朝と区別するため、つまり昔の朝鮮と言う意味で「古朝鮮」と呼びます。

 

 

タングンは神話の存在として伝えられて来ました。

しかし、ピョンヤン市カンドン郡でタングン王陵が発掘され、王陵から出土した遺骨がチュチェ82(1993)年当時、5011年前のものであることが考証されました。

こうして、タングンが5000年前に古朝鮮を建てた朝鮮初の建国の始祖、朝鮮民族の始祖であることが新たに解明されました。

 

 

東方初の国家が建てられることにより、朝鮮は原始時代にピリオドを打って国家時代、文明時代に入り、単一民族として発展する土台がつくられました。

Category: 偉人伝 | Added by: redstartvkp (22/07/22)
Views: 39 | Tags: Tangun, Ancient Joson