MENU

07:25
朝鮮外務省代弁人 「2020年防衛白書」で朝鮮に言い掛かりをつけた日本当局を糾弾

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

朝鮮外務省のスポークスマンは、日本当局が「2020年防衛白書」なるもので朝鮮に言い掛かりをつけたことで15日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

去る14日、日本政府が閣僚会議で採択した「2020年防衛白書」でわれわれの核保有に対してどうのこうのと無駄口をたたいたあげく、周辺諸国にとって新たな挑戦になると言い掛かりをつけた。

これは、今まで安倍政権が機会あるたびにわれわれの「ミサイル脅威」をけん伝して日本社会に恐怖を生じさせ、自分らの陰険な政治的・軍事的目的の実現に利用してきた悪習を相変わらず捨てられずにいることを示している。

日本が今回の白書でわれわれに言い掛かりをつけた主な目的は、われわれによる「脅威」を口実に、自分らの軍事大国化と領土強奪策動を合法化しようとするところにある。

現在、日本が膨張した軍事力を背景に「専守防衛」のベールを完全に脱ぎ捨てて先制攻撃を狙った「敵基地攻撃能力」の保有を公然とうんぬんしていることに対して周辺諸国は鋭い目で注視しており、当然な覚醒(かくせい)を持って警戒している。

安倍政権の無分別で危険極まりない軍事的動きは、地域の平和と安定を破壊する導火線になるであろうし、火の中に飛び込んで焼け死ぬ愚かな火取り虫のように政権自体の破滅を早める悲惨な結果をもたらすことになるであろう。

Category: 日本語 | Views: 41 | Added by: redstartvkp | Tags: anti-imperialism, DPRK-Japan relations, Japan, Korea, DPRK, Shinzo Abe