MENU

08:59
敬愛する最高指導者金正恩委員長がファンヘ北道ウンパ郡テチョン里一帯の水害状況を現地で把握しました

 

[ Download from this server ] [YouTube]

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官の金正恩同志が6日と7日、ファンヘ北道ウンパ郡テチョン里一帯の水害状況を現地で把握しました。

梅雨前線の影響で連日集中豪雨に見舞われたウンパ郡テチョン里地域で水路用の堤防が決壊し、730棟あまりの平屋と600数ヘクタールの水田が冠水し、179棟の住宅が崩壊するなど、多くの被害が出ました。

金正恩委員長は、ウンパ郡テチョン里一帯の多くの住宅と耕地が大水によって冠水したという話を聞いて、被害現場に赴き、現状を把握して、被害地域の復旧についての詳しい課題と方途を示しました。

金正恩委員長は、ウンパ郡の住民は事前に安全地帯に疎開して人命被害はなかったとの話を聞いて、ほんとうに幸いなことだ、党と政権機関、勤労者団体、社会安全機関を始め、郡クラスの指導機関が責任を負って、罹災民を郡の党委員会、郡人民委員会などのオフィスと公共施設、個別の家に分散して寝泊りさせ、安定させ、慰めいたわることについて強調しました。

そして、国務委員長のスペア食糧を解除して、被災地の住民に所帯別に供給するための書類を出すことを関係部門に指示しました。

また、罹災民に寝具や生活用品、医薬品などの必需品を至急供給して早く安着させるのが何よりも重要だとし、これを党中央委員会の各部署と本部メンバーの家族が全て受け持つ課題を与えました。

さらに、党中央委員会の関係部署と人民武力省の幹部からなる被害復旧指揮部を設け、指揮部は一旦、現地で被害状況を具体的に把握する一方、被害の復旧に必要な資材と人員を正しく見積もって報告するよう指示しました。

金正恩委員長は、中央クラスの設計チームを派遣して、水害に見舞われたウンパ郡の農村の800戸をモデルになるよう新築するための手配を綿密にして、工事を短期間に最高のレベルで終えるべきだと述べました。

金正恩委員長は、今回も被害復旧に軍隊を動員することを決心した、人民軍で必要な作業チームを編制して緊急に移動展開し、郡内の住民と共に破壊された住宅や道路、地帯整理を先行させることを指示しました。

そして、被害復旧用のセメントを始め、工事用資材の供給対策を立てるのが重要だとし、見積もった所要の量によって、国務委員長の戦略的な予備物資を解除して供給することを指示しました。

金正恩委員長は、内閣と国家計画委員会、各省、中央機関でウンパ郡の被害復旧に関する党の意図をはっきり知って、積極的に協力することを呼びかけました。

金正恩委員長は冠水した農地を見て、被害状況をつぶさに把握しました。

さらに、郡で冠水した田畑を至急復旧して、作物の生育を改善し、収穫の減少を最小化するための科学技術上の対策を徹底させることを強調しました。

 

Category: 日本語 | Views: 49 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Jong Un, North Korea, North Hwanghae, DPRK, Flood-Damaged, Korea