MENU

03:47
インターネット連合討論会 ベラルーシで

   【平壌10月16日発朝鮮中央通信】   

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

朝鮮労働党創立76周年に際して9日、ベラルーシでインターネット連合討論会が行われた。

ベラルーシの政党、社会団体の人士とメンバーが、これに参加した。

ベラルーシ・チュチェ思想研究協会の委員長は、朝鮮労働党は金日成金正日同志の党の尊厳と威力を世界にとどろかし、自主化された新しい世界の建設で主導的役割を立派に果たしていると述べた。

また、金日成同志と金正日同志の革命偉業は金正恩同志によってしっかり継承されていると述べた。

金日成金正日名称全国ベラルーシ朝鮮人民の親友協会常設常務委員会の委員長は、次のように強調した。

朝鮮労働党は、全社会の金日成金正日主義化を最高の綱領にして革命と建設を力強く推し進めている。

世界史的意義を持つ偉大な思想である金日成金正日主義は、現代の最も科学的で独創的な革命理論である。

この不滅の思想を永遠なる指導指針としてとらえた朝鮮労働党は、敵対勢力の悪辣(あくらつ)な策動の中でも社会主義偉業を百勝へ導いている。

ベラルーシ共産主義勤労者党、ベラルーシ朝鮮民主主義人民共和国との連帯グループのメンバーは、帝国主義者の策動によって世界の社会主義運動が深刻な紆余曲折を経ていた時期に発表された歴史的な平壌宣言は進歩的人民が進むべき道を明示する希望の灯台である、朝鮮人民の全ての勝利の組織者であり、導き手である朝鮮労働党は反帝・自主偉業のとりでであると激賞した。

Category: 日本語 | Views: 87 | Added by: redstartvkp | Tags: DPRK, Korea, DPRK-Belarus relations, Belarus