MENU

05:10
漁郎川発電所の八郷ダムの竣工式

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español]

 

漁郎川(オランチョン)発電所(咸鏡北道)の八郷(パルヒャン)ダムが、立派に完工した。

漁郎川地区に建設された八郷ダムは、金日成主席と金正日総書記の遺訓と党政策の貫徹に立ち上がった建設者が折り重なるあい路と難関を切り抜けて築き上げた自力更生の巨大な建造物である。

最高指導者金正恩党委員長は、中断されたようになっていた漁郎川発電所の建設実態を現地で調べ、ダムの建設を一日も早く終えるための革命的な対策を講じてやり、大いなる信頼を咸鏡北道人民と建設者に与え、奇跡と偉勲の創造へと導いた。

八郷ダムが壮大に建設されたことで、大規模な水力発電拠点である漁郎川発電所の完工を早められる確固たる展望が開かれ、国の不足する電力問題を解決して咸鏡北道の経済を活性化する上で大きな前進を遂げることになった。

漁郎川発電所の八郷ダムの竣工(しゅんこう)式が、4日に行われた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である党中央委員会の朴奉珠副委員長が、竣工式に参加した。

朝鮮労働党中央委員会政治局委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員である金才龍内閣総理が、参加した。

朝鮮労働党中央委員会の呉秀容副委員長、董正浩内閣副総理、咸鏡北道党委員会の李煕用委員長、張革鉄道相、権成虎国家建設監督相、関係部門の活動家、人民軍将兵、建設者、発電所の従業員、道内の勤労者が、これに参加した。

竣工の辞を金才龍総理が述べた。

演説者は、主席と総書記が早くも水力資源が豊かな漁郎川地区に発電所を建設する雄大な構想を示し、八郷ダムの位置も定めて発電所を万年大計の建造物に建設するための闘いを導いたことについて指摘した。

また、漁郎川発電所の建設者を新たな偉勲創造へ導いた金正恩委員長の大いなる信頼と精力的な指導は、八郷ダムを築き上げた不可抗力的力の源であったと強調した。

そして、建設者と咸鏡北道人民がダム建設場を領袖の偉勲貫徹戦、党政策擁護戦の最前方と見なして決死の意志と自力更生の闘争気風で勤労の偉勲を立てたことについて述べた。

演説者は、全ての活動家と党員と勤労者が国家経済発展5カ年戦略の目標を必ず達成し、軍民協同作戦の威力で漁郎川発電所の建設において絶え間ない革新を起こしていくことについて強調した。

竣工の辞の後、朴奉珠党副委員長が竣工のテープを切った。

竣工式の後、党と政府の幹部は完工した八郷ダムを見て回り、参加者と共に漁郎川発電所の八郷ダムの竣工を祝う突撃隊員と支援者の合唱公演「領袖決死擁護のダムの上にこだまする信念の歌」を鑑賞した。

 

 

Category: 日本語 | Views: 29 | Added by: redstartvkp | Tags: Orangchon Power Station, Korea, DPRK, North Korea