MENU

06:52
李洙墉党副委員長 トランプはさらなる災難的結果を見たくないなら熟考する方がよい

朝鮮労働党中央委員会の李洙墉副委員長は9日、次のような談話を発表した。

トランプは、われわれが何を考えているか、非常に気遣わしいようである。

そして、どんな行動をするか、非常に不安がり、いらいらしている。

最近、相次ぐトランプの発言と表現は一見、誰かに対する威嚇のように聞こえるが、心理的に彼が怖じ気づいたという明確な傍証である。

トランプは、非常にいらだっているようだが、全てのことが自業自得という現実を受け入れなければならず、さらなる災難的結果を見たくないなら熟考する方がよい。

遠からず、年末に下すことになるわれわれの最終判断と決心は国務委員長がすることになり、国務委員長はいまだいかなる立場も明らかにしていない状態にある。

また、誰かのように相手に向かって揶揄(やゆ)的で刺激的な表現も使っていない。

国務委員長の機嫌をますます損ねかねないトランプの出まかせな言葉は、中断されるべきである。

Category: 日本語 | Views: 28 | Added by: redstartvkp | Tags: usa, DPRK, DPRK-US relations, Ri Su Yong, Korea