MENU

17:05
初の反日民族統一戦線体―祖国光復会

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español]

 

チュチェ25(1936)年5月5日は、朝鮮での初の反日民族統一戦線体である祖国光復会が創立された日である。

祖国光復会の創立は、全民族の団結を渇望していた朝鮮人民に偉大な団結の旗印を与え、革命的団結の始原を開いた歴史的契機となった。

全民族を愛国の旗印の下に結束させることを革命の勝敗を左右するかなめの問題とした金日成主席は1930年代中葉、南湖頭会議で全ての反日愛国力量を網羅した常設的な統一戦線組織体を設けることに関する方針を打ち出し、その実現のための準備を進めた。

主席は、厳しい戦闘と行軍の余暇、宿営地のたき火の傍で祖国光復会の綱領と規約、創立宣言を自ら作成した。

全ての準備を終えて歴史的な東崗会議で祖国光復会の創立を宣布した。

主席が会議で行った報告「反日民族統一戦線運動をいっそう拡大、発展させ、朝鮮革命全般に新しい高揚をもたらそう」と自ら発表した「祖国光復会10大綱領」と「祖国光復会創立宣言」「祖国光復会規約」は、参加者を限りなく感動させた。

会議の参加者は、朝鮮人民の一様な意思と念願をこめて主席を祖国光復会会長に推戴した。

祖国光復会の創立によってその後、反日民族統一戦線運動は抗日武装闘争と密接に結合されて全国的範囲でより組織性があり、体系性のあるものに急速に発展するようになり、祖国光復会の組織網を拠点にして革命の主体的力量を打ち固め、党創立のための大衆的地盤をいっそう強化できるようになった。

祖国光復会は、短期間に北部朝鮮一帯から全国各地と中国東北地方の広い地域、日本にまで根を下ろして数十万人を網羅した汎民族的組織に拡大、発展し、日帝の植民地支配に終止符を打ち、祖国の解放を成し遂げることに貢献した。

Category: 日本語 | Views: 47 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Il Sung, Korea, anti-Japanese revolution, DPRK, ARF