MENU

20:46
祖国解放のための総攻撃戦が開始された8月9日

   【平壌8月9日発朝鮮中央通信】   

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

わが人民は、祖国解放の日(1945年8月15日)が近づくこの頃、日帝との最後の決戦のための攻撃作戦を勝利へ導いた金日成主席の不滅の業績を感慨深く顧みている。

チュチェ34(1945)年8月9日、主席は朝鮮人民革命軍の各部隊に祖国解放のための総攻撃戦を開始することに関する命令を下達した。

朝鮮人民革命軍と全人民は、敵撃滅の勢いで祖国解放の聖戦に立ち上がった。

北部朝鮮の白頭山地区秘密根拠地の一つである間白山密営を出発陣地として陣取っていた朝鮮人民革命軍の各部隊が、吉州(咸鏡北道)、北青(咸鏡南道)、新興(同)、江界(慈江道)の方向に進撃して国内で活動していた小部隊、グループ、全民抗争組織と共に各道を掌握するための闘争を繰り広げた。

他の部隊は、満州の複数の地域を解放し、敵を追撃しながら豆満江対岸へ進出した。

また、豆満江沿岸に集結していた部隊は9日、日帝の国境要塞を突破して戦果を拡大した。

朝鮮人民革命軍の最後の攻撃作戦に呼応して、全国各地では人民武装隊と武装蜂起組織が日本軍と憲兵、警察機関、道庁、府庁をはじめ日帝の統治機関を襲撃、占拠して敵を制圧、掃討した。

朝鮮人民革命軍の猛攻と日帝の銃後をかく乱するための全民抗争組織の積極的な活動によって、わが国で日帝の統治体系はわずか1週間で崩壊した。

この日々、主席は非凡な用兵術と頑強な革命的展開力で日帝を撃滅し、祖国を解放するための最後の攻撃作戦を勝利へと策定、指導した。

日帝は1945年8月15日、無条件降伏を宣言した。

主席が策定、指導した抗日革命戦争は勝利を収め、わが民族が渇望していた解放の歴史的偉業は立派に実現されるようになった。

 
Category: 日本語 | Views: 37 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Il Sung, Liberation Day, Korea, DPRK