MENU

19:15
「火星12」型の検収射撃試験

   红星TV-朝中社平壤1月31日电   

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Deutsch]

 

国防科学院と第2経済委員会をはじめとする当該機関の計画に従って1月30日、地対地中・長距離弾道ミサイル「火星12」型の検収射撃試験が行われた。

検収射撃試験は、生産、装備されている地対地中・長距離弾道ミサイル「火星12」型を選択検閲し、全般的なこの兵器システムの正確性を検証するところに目的を置いて行われた。

国防科学院は、周辺国家の安全を考慮してわが国の北西部地区から朝鮮東海上に向けて最大高角発射システムで射撃試験を行った。

国防科学院は、ミサイルの戦闘部に設置された撮影機で宇宙から撮った地球の画像資料を公開した。

国防科学院は、生産される「火星12」型兵器システムの正確性と安全性、運用の効率を確認した。

 

Category: 日本語 | Views: 58 | Added by: redstartvkp | Tags: Hwasong 12, Academy of Defence Science, DPRK, Korea