MENU

19:41
偉大なわが人民が獲得した輝かしい勝利

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Deutsch]

 

全国的な伝染病拡散および治療状況を通報

国家非常防疫司令部の通報によると、8月8日18時から8月9日18時までの一日で全国的に悪性ウイルスの感染者は発生しなかった。

 

 

偉大なわが人民が獲得した輝かしい勝利

偉大な党中央の指導に従って全国の人民は、悪性伝染病との防疫戦争を成功裏に平定し、必勝の信念と楽観に満ちて社会主義の全面的発展と国家防疫能力建設の新たな局面を力強く開いている。

建国以来、初めての峻厳(しゅんげん)な防疫危機を終息させる過程に、朝鮮労働党の指導力と戦闘力、国家防疫政策の正当性と科学性がよりはっきり実証され、朝鮮式社会主義制度の政治的・思想的優勢と特有の組織力と団結力が遺憾なく誇示され、党中央に対する人民の信頼の念とわれわれの革命信念、われわれの闘争意志は百倍になった。

朝鮮労働党中央委員会と朝鮮民主主義人民共和国内閣が招集した全国非常防疫総括会議が8月10日、首都平壌で行われた。

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、会議を指導した。

敬愛する金正恩総書記が会議場の幹部壇に登壇すると、全ての参加者は祖国と人民の運命に責任を持った重大な使命感を抱いて、未来に対する崇高な愛と献身で不眠不休の日と月をつなぎ、わが党と国家、人民を防疫大戦の最終的勝利へと力強く導いている不世出の指導者金正恩総書記を仰いで熱狂の歓呼の声を上げた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である金徳訓内閣総理、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の朴正天書記と李日煥、朴泰成、金與正、リ・チャンデ、朴寿日、金英煥の各氏をはじめとする党と政府の責任活動家、防疫・保健医療部門の活動家、国境地帯に派遣された党代表と党指導グループのメンバー、封鎖任務を遂行している軍部隊の指揮メンバー、各級非常防疫指揮部のメンバー、非常防疫活動に寄与した支援者、党中央委員会の当該部署の活動家が会議に出席した。

李永吉氏をはじめとする国防省非常防疫部門の活動家が出席した。

朝鮮民主主義人民共和国国歌が荘重に奏楽された。

敬愛する金正恩総書記が、最大非常防疫戦の勝利を宣布する歴史的な総括会議で重要演説を行った。

金正恩総書記は、最大非常防疫システムの稼働以降、現在までの防疫状況を概括分析し、党中央委員会と共和国政府を代表して領内に流入した新型コロナウイルスを撲滅し、人民の生命と健康を保護するための最大非常防疫戦で勝利を獲得したことを厳かに宣布し、今回の防疫大戦を勝利のうちに締めくくった全国の人民と人民軍将兵に熱烈な祝賀と感謝のあいさつを送った。

金正恩総書記は、われわれが収めた高貴な勝利はわが党の防疫政策の勝利であり、わが国家の危機対処戦略の勝利であり、わが人民特有の強靭さと一心団結の勝利であり、朝鮮式社会主義の制度的優越性がもたらした偉大な勝利であると確言し、予想外の保健危機から国家と人民の安泰を守るための最大非常防疫戦の勝利を早めるために力と知恵と真心を尽くして奮闘、活躍した全国の防疫部門、保健医療部門の活動家と軍医部門の戦闘員を高く評価した。

金正恩総書記は、非常危機状況の下でも農業部門と建設部門、主要工業部門で計画された今年の事業が中断することなく推し進められ、全般的な国家事業の円滑性を保障した貴重な成果と経験、教訓について分析、総括し、今回の最大非常防疫戦での勝利をいっそう強固にしながら世界的な保健危機が終息する時まで防疫の障壁を鉄桶のごとく堅持し、防疫活動を強力に行う上で提起される原則と重要課題を明らかにした。

金正恩総書記は、われわれの闘争と未来に対する確固たる信念と楽観をもって国家と人民の安全を頼もしく保証し、朝鮮式社会主義の全面的発展を遂げるための歴史的大業を力強く促していこうと呼びかけ、最も尊敬し、愛する人民みんなの健康と全国の家庭の安泰を祈った。

金正恩総書記が演説を終えると、全ての参加者は人民の幸福と安泰のために最後まで奮闘するという決死の意志を身につけて先鋭な防疫大戦を陣頭に立って指揮し、歴史に末永く輝く勝利をもたらしたわが党の総書記同志の偉大な業績と為民献身の崇高な世界を涙ぐましく刻み付けながら、とどろく「万歳!」の歓呼の声を引き続きあげた。

会議では、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である金徳訓内閣総理の報告を聴取した。

続いて、国家非常防疫司令官である朝鮮労働党中央委員会の李忠吉部長、平壌市非常防疫師団長である朝鮮労働党平壌市委員会の金英煥責任書記、国防省非常防疫師団副師団長である李永吉国防相、リ・ソンハク内閣副総理、朝鮮労働党中央委員会の金與正副部長が討論した。

報告者と各討論者は、わが国が全地球的な保健動乱の中で2年3カ月間も悪性ウイルスの流入を防ぐ防疫史上、最長の新記録を立て、それほど短い期間に防疫において完全な安定を取り戻した国になったことについて誇り高く述べ、これは世界保健史が知らない奇跡であると強調した。

敬愛する金正恩総書記を首位とする党中央委員会政治局が、わが国の境内に悪性ウイルスが流入する最重大非常事件が発生した初期から事実上の防疫総司令部として防疫戦争を徹頭徹尾、人民防衛、人民死守の聖戦に転換させ、国の人的、物的、科学技術力量を防疫活動に総志向させて大勝へ導いてきたことについて言及された。

報告者と各討論者は、防疫大戦の驚異的な成果は党中央の卓越かつ洗練された指導力と党の思想と指導に忠実に従うわが人民が獲得した輝かしい勝利であると述べ、史上初めての防疫危機の中で祖国と人民の安全を頼もしく守ってくれた金正恩総書記に全国の人民の一様な念願をこめて最も熱い感謝のあいさつを謹んでささげた。

金正恩総書記に従う道にいつも勝利と栄光だけがあるという確たる信念を刻み付けて党中央が提示した新たな防疫政策方向と課題を実践にしっかり具現し、朝鮮式社会主義建設の全面的発展を目指す闘いに拍車をかけることで、わが国家の尊厳と地位を世界に宣揚するという決意を表明した。

敬愛する金正恩総書記の指導の下に行われた全国非常防疫総括会議は、偉大な党中央の周りに一心一体となって団結して歴史のいかなる困難も正面から突破し、朝鮮式社会主義の輝かしい未来に向かって力強く前進する英雄朝鮮の力、英雄朝鮮の精神をいま一度誇示した勝利者の大会合に、国家防疫能力建設の新しい発展段階を開いた重要な契機となった。

 

 

 

金正恩総書記が全国非常防疫総括会議で行った演説

敬愛する金正恩総書記がチュチェ111(2022)年8月10日、全国非常防疫総括会議で行った演説「防疫戦争での勝利を強固にし、国家と人民の安全を一層確実に保証しよう」の全文は次の通り。

全国の防疫及び保健医療部門従事者の皆さん!

国境と前線、海岸地帯に派遣された党代表と軍部隊の指揮官諸君!

国家非常防疫司令部と非常防疫師団、連隊、大隊の指揮メンバーの皆さん!

防疫活動に寄与した支援者の皆さん!

親愛なる同志の皆さん!

あれほど困難を極めていた防疫戦争は今まさに終結し、今日われわれはついに勝利を宣言することになりました。

共和国領土に悪性伝染病が入った時からは100余日、伝染病が全国的規模へと急速に広まることに備えて、わが国での防疫活動を最大非常防疫システムに移行させた時からは91日という時間が経ちました。

この期間、全党、全国、全人民は、剛毅な意志と必死の努力をもって厳しい伝染病危機を打開し、防疫形勢を安定・回復させる上で大きな成果を収めました。

わが党と政府は現在の防疫状況を評価し、科学研究部門が提出した具体的な分析資料に基づいて、国に生じた悪性伝染病危機が完全に解消されたという結論に到達しました。

最大非常防疫システムが稼動してから今までの状況をまとめてみると、悪性伝染病が発生した当初、一日数十万人に達していた発熱者数が1カ月後には9万人以下に減り、持続的な減少傾向を維持して7月29日からは悪性ウイルス感染者と疑われる発熱者が一人も発生しませんでした。

この期間、死者は計74人で、致命率においては世界保健医療界の空前絶後の奇跡となる極めて低い数値が記録されました。

全国的な感染者の発生数は昨日まで12日間もゼロを記録し、最後の全快者が報告された時からも7日間が経ちました。

これで、わが領土を最短期間内に悪性ウイルスのない清潔地域にするというわれわれの非常防疫闘争の目標が達成されました。

国内で悪性伝染病の再発を根源的に防止できる条件が整えられたことも、防疫危機の収束を確信しうる有力な根拠となります。

まず、最後の感染者たちが皆全快し、PCR検査においても陰性と判明したため、わが国では新型コロナウイルスの伝染源が完全に除去され、全社会的に防疫規定遵守の気風が確立し、消毒活動がさらに強化されて悪性ウイルスが伝播しうる色々なルートが遮断されました。

そして、わが国にステルスオミクロン変異ウイルスが入ったルートを科学的に最終確証し、それに基づいてこれに対する遮断と封鎖、監視がより強化され、ゴミを発見する次第すぐ収去、焼却、埋没処理する秩序と、輸入物資に対する防疫学的安全性を保証する活動が深化して、外部からいかなる変異ウイルスも入り込めないようにしたことが今一つの重要な根拠だと言えます。

この期間、悪性伝染病確診者が皆ステルスオミクロン変異ウイルス「BA.2」による感染者と判明することによって、いかなる新しい変異型や亜型も発生したり、入って来なかったということが確認されました。

これらの事実からして、わが国に生じた悪性伝染病事態が収束したことを十分に確信することができます。

私は、わが国家、わが人民が史上初の保健危機に打ち勝ち、ついに取り戻した安定と平穏を嬉しい気持ちで確かめるこの場で、党中央委員会と共和国政府を代表して、領内に入った新型コロナウイルスを撲滅し、人民の生命・健康を保護するための最大非常防疫戦で勝利を勝ち取ったことを宣言します。

全世界を破局的な状況に追い込んだ世界公共分野の最高の危険事態から国家と人民の安寧をしっかりと守り抜き、われわれが直面した最も重大かつ脅威的な挑戦をこのように短期間に取り除いたのは今一つの輝かしい勝利であり、また、わが党と国家と人民の偉大な力を今一度全世界に誇示した歴史的な出来事です。

これに関連してわが党と政府は、この5月12日から稼動した最大非常防疫システムを今日から緊張・強化の正常防疫システムに防疫等級を落とすことにします。

私はこの場を借りて、不屈の信念と強靭な忍耐、真の団結によって安危存亡の事態から自分自身と皆の安寧と平穏、そして子どもたちの健康と笑顔を守り抜き、今回の防疫大戦を成功裏に終結した全国の人民と人民軍将兵に熱烈な祝賀を送ります。

同志の皆さん!

喜びと誇りが満ちあふれる瞬間ですが、なぜかこの席に立つと、ここに来るまであれほど心を重く押さえていた形容しがたい重圧感と責任感が改めて感じられます。

この91日間はわれわれの闘争領域で決して長くない日々ですが、一日一日が1年、10年のように感じられる息の詰まる緊張の連続であり、文字通り厳しい戦争でした。

世界的な大流行病の発生当初から超特級の非常防疫障壁を構築し、頑強に堅持しながら2年以上も平穏を保っていたわが国に悪性ウイルスが入り込んだという現実を前にして、率直に言って心は錯綜していました。

それは、私には命懸けで無条件に守らなければならない人民がいたからです。

嬉しい時も、苦しい時も私を支持し、困難な時にさえ私を励まし、いつも後押しして立ち上がらせてくれる「人民」という存在は、私にとってたった一人も絶対に失うことはできず、失ってもならない血肉のようなものでした。

日に数十万人もの感染者が急増する目前の危機は、国の運命がこのまま尽きるのかという最悪の場合をも見通して最大限に自覚し、決死の覚悟で奮発しなければならない極めて危急の国家最大の危機事態でした。

防疫基盤と保健医療土台が脆弱で防疫経験もない状況下で、国家の安全と数千万人民の生命を直接脅かす横暴な悪性ウイルスとの戦争で勝つためにはどうすべきか、1分1秒を争う時間獲得戦において、これに対する反応力さえなかった国家機関が機敏に動き、正確な機能と役割を果たすようにするためにはどうすべきか、また、そのために国家の活動全般と人民生活に重なる厳しい試練の局面を逆転させるためには果たして何からどうすべきかという重い歴史的課題は、わが党の指導力を今一度冷徹に検証する試金石となりました。

しかし、初めて直面した国難にもわが党はわが人民の大いなる信頼を胸に秘め、人民に奉仕する自己本然の姿勢と立場に忠実であったし、また自己特有の決断力ある強力な政治的指導力を正しく発揮しながら国家の防疫紀綱を確立し、ウイルス撲滅闘争を勝利へと導きました。

同志の皆さん!

党と人民が血縁的に結ばれた堅固な信頼は、偉大な奇跡を生み出しました。

今日、われわれが防疫戦争での勝利を宣言するようになった厳然たる現実は、われわれの政策と闘争方針が正しかったことをはっきりと実証しています。

言い換えれば、われわれの収めた高貴な勝利は、わが党の防疫政策の勝利であり、わが国家の危機対応戦略の勝利であり、わが人民特有の強靭さと一心団結の勝利であり、朝鮮式社会主義の制度的優位性によってもたらされた偉大な勝利です。

私はこれを誇らしげに、堂々と確言することができます。

常に人民を第一とし、彼らの観点と立場に立って、彼らの利益に合致する政策を採択し実施するのはわが党の一貫した活動原則です。

悪性伝染病が境内に入った当初からわが党と政府は、最大非常防疫システムを稼動すると共に、伝染病発生の状況管理と伝播根源の遮断、人民生活の安定など極めて適時的で危機を打開できる最善の方策を講じました。

しかし、いかに正しい政策であっても、その実行を保証しうる全人民的な高度の組織性と自発的一致性、意識的奮発なくしては完璧な結果を期待し得ないものです。

決して容易には獲得し得ない最大非常防疫戦での勝利について考えるとき、私は党と政府の防疫政策を全的に支持・共感し、一致団結して支えてくれたわが人民の労苦について真っ先に思い浮かべます。

莫大な損失を甘受しながら各面から幾重に構築した防疫障壁に隙間が生じ、一旦わが境内に悪性ウイルスが流入し拡散した緊急状況下で焦眉の課題となったのは、伝染病伝播状況を安定的に抑制・管理し、感染者を至急に治癒させて、伝播根源を最短期間内に除去することでした。

そのため、やむを得ず全国的に地域別遮断・封鎖と単位別隔離の措置を強力に実施する一方、全住民集中検病・検診を厳格に行って発熱者をもれなく探し出して隔離治療する活動を同時に進めました。

これは国の一部分や幾つかの地域ではなく、全領域において全ての往来と移動が禁止され、正常な生活と活動のリズムが狂って国家活動のみならず、各家庭、各公民の生活において以前より困難や隘路が数倍に増加することを意味しました。

しかし、わが人民は、非常防疫に関連して示達される全ての規定と指示をわが党の意志として受け入れ、国のための愛国事業、自分の家庭と自分のための当然の義務、本分と見なしながら自発的かつ良心的に遵守し、必ず実行する立派な気風を示しました。

全ての公民が一身上の問題や家庭のことを欣然と後回しにし、いささかの動揺や軟弱さ、悲観や恐怖もなしに防疫勝利に対する信念と楽観に満ちて特有の強靭さを一層如実に発揮しました。

このような人民を一日も早く、一刻も早く悪性病魔の危険から救い出すために、党と政府は、国家予備薬品を解いて全国に供給する活動を最優先的かつ緊急に推進することで、全ての発熱者に必要な薬品が行き届き、科学的な治療戦術と方法を確立・適用するようにしました。

その結果、われわれは最大非常防疫システムを稼動した5日目からは、全国的な伝染病の拡散形勢を抑制・管理できる安定的局面に変え、非常防疫戦の勝勢を確実に保証できるようになりました。

党と政府は、防疫状況の変化によって人民の不便と苦衷を和らげ、国家活動と経済活動に及ぼす悪影響を減らすために、防疫政策と指針を能動的かつ合理的に調整する活動も行いました。

最大非常防疫期間を振り返ると、封鎖と撲滅闘争を並行し、国家的に薬品の保障と供給対策を強く講じたこと、そして防疫活動において厳格性に科学性を結びつけ、積極的な住民生活保障対策を立てたことが悪性ウイルスによる被害を最小化し、防疫大勝を早める上で大きな意義があったと言えます。

しかしより重要なのは、わが人民特有の高度の組織性と自覚的一致性が、党と政府の正しい防疫政策と指針を徹底した実行と完璧な結果へとつながるようにしたところにあります。

党と政府に対する信頼感においても、国情に対する理解力においても、そして公民的義務に対する誠実さと困難を克服する忍耐力においても、わが人民ほど素晴らしい人民はいません。

未だにワクチン接種を一回も実施していないわが国で、猛威をふるっていた伝染病拡散事態をこのように短期間に克服し、防疫安全を回復して全国をまたきれいなウイルス清潔地域にしたのは、世界の保健医療史に特記すべき驚異的な奇跡です。

これは明らかに、朝鮮式の人民的かつ科学的な防疫政策と、これを実行するために一致して呼応した全民合勢の偉大な勝利です。

最大非常防疫戦での勝利はまた、わが国の社会主義制度特有の優越性と威力を抜きにしては考えられません。

わが国は全人民が国家と社会の主人として思想・意志の上で統一団結しているため、いかなる危機が生じても全国、全人民が一挙に立ち上がって強力に対処できる底知れない力を持っています。

国の全ての部門、全ての単位が国家の決定・指示に絶対的に従い、一糸乱れずに歩調を合わせることこそが、われわれの社会特有の最も重要な政治的・制度的優越性です。

それに「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という集団主義精神と、人の悩み事を自分のものとし、困難な時ほどもっと思い合う徳と情が全社会に支配しているため、われわれの制度は他人が持ってない不敗の力を発揮するのです。

このような制度的な土台があったので、最大非常防疫システムに移行するという党と政府の決定が示達されると、即時に全国を市・郡別に封鎖し、活動単位、生産単位、生活単位別に隔離する措置が徹底的に実行され、より強力な防疫規律と秩序、紀綱が確立されて、その後の防疫戦で戦略的主導権を握ることができました。

そして、党組織と政権機関が総決起して人里離れた哨所や家庭にまで薬品を提供し、熱病にかかった人々の健康に気を配ると共に、封鎖期間に各種の移動奉仕隊を組んで住民の生活上の不便を最大限に軽減したのもわれわれの制度でなくては想像すらできないことです。

今回、わが国の保健医療制度の人民的性格と生命力が余すところなく発揮されました。

たとえわが国の保健医療の物質的・技術的土台は弱いですが、すでに確立されたわれわれの方式の医療サービスシステムが効率的に稼動することによって、膨大な防疫課題、治療課題が成功裏に達成されました。

医師区域担当制と救急医療サービスシステム、遠隔医療サービスシステムなどの人民的かつ先進的な医療サービス制度に基づいて発熱者の掌握と全住民検病・検診活動が毎日行われ、隔離及び治療が確実に実施されたのは、全国的範囲で防疫形勢の安定化を図り、伝染源を一掃する上で大きな作用をしました。

防疫戦争での勝利をもたらす上で一番苦労し、功績を立てたのは、防疫部門や保健医療従事者です。

たとえ本然の任務ではあっても、危険な悪性伝染病との闘いで第一線塹壕に立っている防疫部門や保健医療従事者の負担と苦労が一番大きかったと言えます。

われわれの防疫・保健医療戦士たちは、党と国家から任された人民の生命を守る防疫戦にためらいなく一身をなげうち、誰も尻込みしたりくじけたりせず、自分の任務をあくまで忠実に遂行しました。

熱い人間愛、患者のために自分をささげる限りない犠牲的精神、革命任務に対する強い責任感と誠実さが、われわれの防疫・保健医療従事者が自分を支え、悪性病魔との闘いに献身奮闘できるようにした精神力でした。

最大非常防疫期間、全国的に住民世帯と人員に対する検病・検診を行い、発熱者を探し出して全快させる活動に毎日7万1200余人の保健医療従事者と114万8000余人の衛生熱誠活動家が動員され、数千人の保健医療部門経歴者が自発的に参加し、皆がこのような精神をもって懸命に努力しました。

特に、党中央軍事委員会の特別命令を受けて首都に派遣された人民軍軍医部門の戦闘員が、人民死守の前線で優れた功勲を立てました。

党の信頼と期待に無条件応えようとする忠誠の熱情と人民への熱烈な愛情に満ちた軍医部門の戦闘員の献身的な努力によって、首都の薬品供給が安定し、伝染病形勢が逆転しただけでなく、党に対する人民の絶対的な信頼と軍民一致の高貴な伝統が守られました。

私は、軍医部門戦闘員が昼夜を分かたず党中央の命令を立派に貫徹したことに対して、また首都市民が心から人民軍を自分の生命の恩人、肉親として見なしていることに対して非常に満足に思っています。

今回の保健危機の際、わが国で感染者に比べて死者の数が特別に少ないのは、われわれの防疫・保健医療従事者が限界を超える努力と献身をもって党と政府の防疫政策、保健医療政策を決死の覚悟で貫徹したからです。

全国の防疫・保健医療従事者は、平時の数十倍もの過重な負担の中でも毎日24時間、防疫哨所や治療哨所を離れず、身も心も惜しみなくささげました。

党と人民に忠実なわれわれの保健医療従事者の中には、病気のわが子と夫の介護よりも先に受け持った住民世帯や患者に真心を尽くした医者や看護婦、不足する医薬品を自力で解決し、生活必需品まで用意して患者に力と勇気を与えた医療従事者が少なくありません。

特に感動を禁じ得ないのは、自分の病態をよく知っていながらも人間生命の守護者としての本分をまず考え、防疫戦の勝利と患者の完治のために生命の最後の気力まで尽くした防疫・保健医療従事者の善行です。

彼らは、祖国解放戦争時期の火線軍医や看護婦、チョンリマ時代の赤い保健医療戦士に劣らぬわれわれの時代の真の保健医療従事者、愛国者です。

わが党と政府は最大非常防疫期間だけでなく、非常防疫戦が始まった初期から前線と国境、海岸をはじめとする国の防疫哨所をしっかりと守っている戦闘員の献身と功労についても常に忘れていません。

党と政府の特命を受けて非常防疫戦の最前線に派遣された党代表と党指導グループ、封鎖・遮断勤務に動員された数多くの軍人と安全・保衛部門の活動家、労農赤衛軍の隊員、各地の防疫哨所のメンバーは、国家と人民の安寧を守っているという責任感と使命感を深く自覚し、猛暑や豪雨の中でもあらゆる難関に耐え抜き、防疫障壁を鉄のように固め、全社会的な防疫規律遵守気風を確立する上で大きな寄与をしました。

今回の最大非常防疫期間に保健医療従事者と防疫最前線の戦闘員の間で発揮された犠牲的精神は、わが党の闘争史と祖国の歴史に歴々と記録されるでしょう。

朝鮮式社会主義制度の優越性と生命力は、最大非常防疫期間にわが人民の間でより熱く、より強く発揮された共産主義的な美徳・美風によって集中的に表われました。

全国が悪性病魔の脅威に直面した厳しいとき、党と政府が最も心配したのは、数千万の人民の健康と共に、高度の封鎖・遮断措置によってわが人民がやむを得ずなめなければならない不便と苦衷でした。

それで党中央は、苦しい時ほど互いに助け思い合うわれわれの社会の徳と情を、いかなる最新医科学技術よりも威力ある防疫大勝の秘訣と見なし、全ての党員と人民がわれわれの第一の共産主義的美徳と美風をより高く発揚するよう呼び掛けました。

党と社会主義制度の懐の中で集団主義と人間愛を空気のように呼吸しながら培ったわが人民の間で美しい行いが発揮されるのはよくある美談ですが、今回の防疫戦に記された感動的な事実は、われわれの社会の温かみと貴さをより深く痛感させています。

この場で、その感動的な美談と高潔な人間像を全て列挙できないのが実に残念です。

幾つかの代表的なことだけを挙げますと、悪性伝染病に苦しむ人民に薬品や食品を送るために徹夜で奮闘した工場の従業員や幹部もおり、家産を惜しみなく持ち出して用意した物資を寮や大学の寄宿舎、育児院、愛育院に提供した人々もおり、援助の必要な世帯、困っている隣人に私心を去って食糧や副食物、必需品を分け与えた住民もいます。

このような有難い支援者は、中央や地方、工場や農・漁村のどこにもおり、またその中には尊敬する参戦老兵をはじめ平凡な勤労者、人民班長、扶養女性、幼い少年団員に至るまで各階層の人々がいます。

今のような困難な状況下で自分より同志と隣人、集団を先に思い、特に自分は腹を空かしながらも誠意を尽くすこのような美徳の世界は、決して金や財産をもってしてはその真価を測れないわれわれの社会の和睦と人間的絆を如実に示しています。

このように党中央と志や情を共にし、他人のために献身することを喜びとし、誇りとする世界で最も素晴らしいわが人民の姿から、私は何ものにも比べることのできない大きな力を得、このような人民と共にいるならいかなる困難や試練にも打ち勝ち、必ず勝利しうるという確信をさらに固めました。

全国が党と政府の周りに一心同体となってひとしく動き、集団主義に基づく徳や情が国風となっていること、これが朝鮮式社会主義特有の優越性であり、威力であり、まさにこのために今回のような類例のない防疫危機を容易に打開し、大勝をもたらすことができたのです。

私は党中央委員会と共和国政府を代表して、重大な保健危機から国家と人民の安寧を守り抜くための最大非常防疫戦の勝利を早めることに力と知恵と真心を尽くし、奮闘・活躍した全国の防疫・保健医療従事者を高く評価し、防疫障壁を守って奮戦した全ての軍人と活動家、勤労者、防疫活動を物心両面から声援した支援者に深い感謝の挨拶を送ります。

同志の皆さん!

今回、われわれは非常防疫戦線だけでなく、経済部門や国家活動全般でも勝利を収めました。

数年続きの防疫状況に重なった悪性伝染病事態は、国家・社会生活と経済建設に莫大な障害となり、甚大な混乱を招きうる災難となりましたが、これら全てを頑強に克服し、正常活動を保ちながら予定していた発展速度を狂いなく保障したこと自体が大きな勝利となるのです。

わが党は、国家防疫活動を最大非常防疫システムに移行することを宣言しながら、わが人民の堅忍不抜の精神力と創造力を信じて非常防疫戦と計画された今年の事業を中断することなく推し進めることを決定しましたが、その課題が立派に実行されました。

今年の経済活動の最急務と押し立てた農業生産で一番重要な営農工程が、予定の期日内に円滑に遂行されました。

今回の最大非常防疫戦は一年の営農でかなめとなる春季に始まったため、農業勤労者の生産活動に直接的な障害をもたらし、一番忙しい田植え時に国家的な労働支援も予定通りに行えない状況が作り出されました。

しかし、新しい農村革命綱領実現の初年度である今年、必ず自分の責任と本分を果たそうとする覚悟と熱意に満ちているわれわれの農業勤労者は、以前には想像すらできなかった強靭な精神力を発揮して、熱病にも打ち勝ち、膨大な田植えの課題ももっぱら自力で繰り上げて完了する目覚しい成果を創造しました。

これは全国の勤労者を大いに励まし、困難な防疫戦闘を展開している人民にとっては快報となりました。

首都の大規模住宅建設や連浦温室農場建設をはじめとする重要建設に決起した全ての建設者は、防疫学上の要求がより厳しくなり、輸送や資材供給が順調でない状況下でも、計画されている工事日程を力強く推し進めることによって、所定の期間内に工事を完了しうる確固たる保証をもたらしました。

金属、化学、電力、石炭、機械をはじめとする基幹工業部門と鉄道運輸部門、軽工業部門でも、労働力や資材の提供がいつもより何倍も困難でしたが、日別・旬別・月別生産計画を基本的に遂行して、経済全般の停滞を防ぎ、今年度の目標達成へと大きく前進しました。

非常危機の状況下でも全般的な国家活動の円滑性を保障したことは今一つの貴重な成果です。

党・行政・経済機関、司法・検察部門と安全・保衛・国防部門では、最大非常防疫システムの稼動に合わせて非常時事業システムを迅速に樹立し、盲点と空間、偏向を探し出して対策しながら、自分の活動を伸縮自在に、効率的に行う上で実践的な経験を積みました。

特に、党組織と政権機関をはじめとする各部門と単位の幹部が党と政府の指示に絶対服従し、人民的施策を確実に実行する過程を通じて、人民大衆第一主義政治を具現し、人民のために滅私奉仕するということがどんなものであるかを実際の行動によって体得したことが非常によかったと思います。

今回、突発的な保健危機を克服する過程にわれわれの活動には欠点が表われ教訓も汲み取りましたが、これは今後直面しうる様々な危機に円滑に備える上で貴い元手となります。

大きくみれば、われわれが得た教訓は二つに含蓄して言えます。

一つは、防疫活動が長期化するほど些細な気の弛みや放念も許すことなく、高度の緊張を堅持すべきであるということ、もう一つはどんな代価を払っても国家危機対応能力、防疫能力建設を手抜かりなく進めるべきであるということです。

実際、われわれが以前から堅持してきた防疫規定と指針に従ったなら、今回の防疫危機の起点となった金剛郡前線地帯での発熱者の発生もその地域内で十分遮蔽・抑制することができたのでしょう。

しかし、最初は2人から始まった悪性伝染病が防疫部門に内在する気の弛みや放念という空間に乗じて首都圏にまで入り、全国に拡散するという重大な事態が生じました。

数千数万の人々を動員して前線と国境、海岸に水ももらさぬ封鎖網を張り、全人民的な防疫形勢を構築したのに、まさか悪性ウイルスが入る隙があるものかと気を緩め、自己満足して緊張をほぐしていたこと自体が、今回のような深刻な挑戦と危機をもたらした張本人であると言えます。

自己満足、安逸怠惰、「まさか」病が伝染病の初期流入状態を判断できなくした重要な原因となりました。

「まさか」ではなく、「万一」という姿勢に立って些細な異常徴候も国家の運命と直結させて考察し、瞬発的な対応力を発揮し、不測の事態に直面しても沈着さと責任感を維持しながら自信をもって活動したならば、全国への伝染病の拡散は十分避けられたはずです。

今回の防疫戦争を通じて切実に感じたのは、科学的な思考と行動を離れて形式主義的かつ機械的な仕事ぶりと活動態度に頼り続けるなら、今後到来する保健危機に見舞われるのは避けられないということです。

この教訓を絶対に忘れてはなりません。

また、最大非常防疫システムが稼動した当初、誰もが感じたことですが、悪性ウイルスの検査と診断、科学的な治療戦術を適時かつ正確に確立・実行できなかったせいで、十分に防ぐことができる人命被害まで被り、内部での伝染病の拡散を迅速に抑制できなかったばかりか、迷信じみた虚説まで広がって防疫と治療活動に少なからぬ混乱を招きました。

防疫の全ての要素を科学的原理に合わせて根源を突き止め、結果を予測・予断して能動的かつ臨機応変に対応できず、物理的封鎖のみを追求して機械的に活動した結果、人民の生活上の不便や経済活動の不振を増大させ、前もってできることも後を追って収拾しなければならなくなったのです。

この他にも、われわれの保健医療と防疫の実態、さらに言えば、われわれの保健医療と防疫のインフラと技術力、物質的準備状態が建国以来、わが党と国家が一貫して堅持してきた保健医療・防疫政策にふさわしく発展できず、不測の事態を前にして機敏に対応できるように準備を整えていないことなど、いろいろな問題点があります。

われわれが体験したように、一旦発熱者が各所で発生した際、防疫部門、保健医療部門の必須対応能力がいかに緊要かつ切実なのかを骨身にしみるほど感じなければなりません。

結局、防疫能力はすなわち国家の安全保障能力であり、人民の生命守護の能力です。

これまでの経験からして、われわれが国家発展を促し、社会主義建設を推し進める上で常に重視し予測すべき客観的な危機は三つに分けることができます。

戦争危機、伝染病危機、自然災害、これが国家の存立と発展、人民の安寧のために必ず責任をもって対処すべき3大危機です。

戦争を防止するための抑止力に関連してはわが党と国家が早くから最も大きな力を入れており、自然災害を最小化するための動員力、潜在力も警戒心をもって整えています。

一番問題となるのは、世界的な保健危機に対処するための防疫能力建設です。

それで党中央委員会第8期第5回総会は、国家防疫能力の建設をわれわれに提起される焦眉の課題として示しました。

国家防疫能力の建設に関する主要政策的課題がすでに全部確定・示達されているため、大体の要点だけ幾つか強調したいと思います。

われわれが最大非常防疫戦の勝利を宣言したからといって、伝染病伝播の危険性が完全に解消されたり、国家非常防疫活動が完了したと見なしてはなりません。

毎日マスメディアを通して報じられているように、今世界的な保健危機状況とわが国周辺の伝染病危機はまだ収束されておらず、安心して防疫措置を緩和するのはあまりにも時機尚早です。

わが境内に入ったステルスオミクロン変異ウイルスより強い伝播力と免疫回避力を持ちながらも重症度と致命率が大きく変わっていない10余種の亜型が、世界各地に相次いで出現し、これによる感染者数が急増し、死者数も引き続き増えている有様です。

それに、危険性の高いサル痘ウイルスが数十カ国へ拡散して国際的公衆保健非常事態が宣言され、気候変動による各種の伝染病の発生可能性も人類を不安に陥れています。

これは、われわれが所期の成果に陶酔して自己満足したり、油断する根拠が一つもないということを示しており、国家と人民の安寧をしっかりと守るための非常防疫戦が引き続き強化されるべき必要性を強調しています。

われわれは、今回の最大非常防疫戦での成果と勝利を強固にしながら、世界的な保健危機が収束されるまで、防疫障壁をしっかりと固守し、防疫活動をより強く行わなければなりません。

何よりもまず、全人民的な防疫意識と警戒心を強めることに然るべき注目を払うべきです。

防疫戦の主人は広範な大衆であり、防疫戦の勝敗も人々の自覚によって決定されるだけに、すでに確立されている全社会的な防疫雰囲気が絶対に弱まったり、低調にならないように防疫宣伝と教育を各面から強化することが切実に必要です。

勝利した今日により偉大であろう明日の勝利のために、われわれは勝利という言葉を大切にすべきであり、それよりも自覚と実践に力を入れるべきです。

今、最大非常防疫戦の勝利に陶酔して気の弛みや放念、警戒心の欠如が蘇る余地があるのですから、各党組織と勤労者団体組織、行政・経済部門、法律執行機関はいずれも警戒心を高めて、大衆的な防疫意識と危機意識を堅持することに力を集中しなければなりません。

いかに強力な防疫宣伝や解説活動も型にはまったようなことを繰り返せば、かえって倦怠と慢性化を招くようになります。

ですから、世界的な防疫状況の変化に応じた資料とわれわれの防疫実態に対する分析に基づいて、実際的に大衆の間で防疫意識を強め、防疫遵守気風を深化させうる宣伝戦・思想戦を強化しなければなりません。

これと同時に、防疫指針と規律に反する行為との組織的・行政的・法的闘争を適時に行って、われわれの防疫闘争が大衆の自覚性に強力な法律的保証が裏打ちされた確実かつ信頼できる活動となるようにすべきです。

次に、鉄のように構築された防疫障壁の維持・強化に引き続き注力して、いかなる悪性ウイルスも二度と入れないようにすべきです。

国境と前線、海岸と海上、空中に対する多重の封鎖障壁を全般的に再点検し、大流行病の変動特性に即して、補強すべきものは補強し、新たに遮断すべきものは遮断して封鎖の完璧を期することが重要です。

ここでも封鎖・遮断勤務を直接遂行するメンバーに対する思想動員、鼓舞・激励と共に、勤務条件及び生活の保障に主な力を入れて、われわれの防疫の最前線が思想的・精神的にも、作戦的・戦術的にも、防疫学的にも完璧であるばかりでなく、責任感や警戒心においても最高の水準を維持するようにすべきです。

前でも述べたことですが、国家の防疫能力の建設に拍車をかけるのはわれわれに提起されている重大な課題の一つです。

今、国際的な憂慮をかもし出す公衆保健非常事態も深刻なものですが、これに劣らぬ挑戦的な保健危機が周期的かつ反復的に発生するものと予測されています。

今後もこのような保健医療の悪夢が再現される危険がないと断定し、安心する根拠は何もありません。

われわれが今回の防疫戦争で勝利したからといって、今の状況が困難を極めているからといって、防疫能力の建設をおろそかにしたり、遅らせることは愚かな行為であり、取り返しのつかない結果を招きかねません。

わが党の政治理念である人民大衆第一主義の要求からしても、人間を最も大切にするわれわれの制度の本性からしても、また今回の保健危機が残した深刻な教訓からしても、防疫能力の建設を強行して、必ず世界的水準に引き上げなければなりません。

これは、わが党と政府の確固不動の意志です。

今回、われわれが創造的に実施した防疫政策と指針、蓄積された経験と教訓を総合的に体系化し、これに基づいてわれわれの防疫をより先進的かつ人民的な防疫として完璧に発展させる上で提起される理論的・実践的、科学技術的問題に対する研究を引き続き深化させなければなりません。

国家の防疫システムと秩序を一層完備し、防疫陣と物質的・技術的手段を充実させるための活動を先を見通して、現実に即して推し進めなければなりません。

特に力を入れるべき課題は、専門防疫従事者を養成しその水準を高める活動、科学的な検査・測定設備を開発・装備する活動、専門隔離治療施設を全国各地に設置する活動を緩めることなく計画的に推し進めることです。

すでに示した通り、各地の製薬工場と高麗薬工場、医療機器工場を近代化し、能力を拡大し、医療用消耗品工場、防疫医療品工場を新設する活動を推し進めるべきです。

人民への医療サービスの水準を高められるように全国の病院を近代化し、薬局を標準通りに整えるための活動も段階別に着実に展開すべきです。

こうして、わが人民が最も優れた社会主義制度の下で最も立派な保健医療制度、防疫制度の実質的な恩恵と保護を受け、無病息災で長生きする幸福な人民になるようにすべきです。

同志の皆さん!

防疫部門、保健医療部門に提起された重要な政策的課題を遂行する上で、その直接の担当者である党の赤い防疫戦士、保健医療戦士の役割が極めて重要です。

今回、わが人民は最大保健危機を乗り越えながら、そして防疫・保健医療従事者の献身的な闘争ぶりを目撃しながら、保健医療従事者を新しい目で見、この世で一番立派なわれわれの制度の守護者、人民の生命を守る頼もしい保護者として見なすようになりました。

防疫・保健医療従事者は人民のこの信頼、この評価を何ものにも代えられない一番大切な財産とし、これにこたえるために引き続き倍加の努力を傾けなければなりません。

党から与えられた任務に対する限りない忠実性、熱い人間愛、患者に尽くす真心を体質化し、われわれの制度の優越性を防疫実践、保健医療実践に立派に具現することに心身共にささげる真の共産主義者にならなければなりません。

同志の皆さん!

われわれは試練の中で今一度強くなり、今後より多くの挑戦と困難が横たわるとしても果敢に乗り越え、より一層強くなるでしょう。

3カ月前、わが国の領内に悪性ウイルスが流入・伝播したという事実が公表された時、今日のような日がこんなに早く来るとは誰も想像できませんでした。

党への限りない忠誠心、いかなる苦難も笑顔で切り抜けていく不屈の意志を持ち、ひたすらわが党のみを信じて果敢に立ち上がった有難い人民とその人民の一心団結した力があったがゆえに、われわれは今回の保健危機も絶望と挫折の峠ではなく、発展・跳躍の機会とし、より大きな勝利を目指して前進することができました。

私は、常に限りない力と勇気を与えてくれるわが人民の信頼と鼓舞・激励を心から有難く思っており、このような素晴らしい人民の安寧と幸福のためなら生命をもなげうって奮闘し、また奮闘していく決心を固めています。

われわれは、今回はっきりと誇示されたわれわれの底知れない潜在力を最大限に発揚させて、非常防疫戦線だけでなく、社会主義建設の各分野でより大きな成果をもたらすために力強く闘っていかなければなりません。

史上最悪の危機を果敢に克服したわが人民の不屈の精神力をさらに発揮させ、昇華させるならば、われわれが打ち出した今年の闘争目標はもちろん、第8回党大会が示した5カ年計画の目標も成功裏に達成されるでしょう。

共に、われわれの闘争と未来への確固たる信念と楽観をもって国家と人民の安全を確実に保証し、朝鮮式社会主義の全面的発展を成し遂げるための歴史的大業を力強く推し進めていきましょう。

最後にこの席を借りて、最も尊敬し愛する人民に今一度敬虔な気持ちで挨拶をささげたいと思います。

なにとぞ皆のご健康と貴体安寧と全国すべての家庭の安泰を切に祈ります。

偉大なわが人民万歳!

 

 

 

金徳訓内閣総理の報告

全国非常防疫総括会議で、朝鮮民主主義人民共和国内閣総理である金徳訓氏が報告を行った。

金徳訓総理は報告で、全地球的な保健動乱の中で2年3カ月も悪性ウイルスの流入を防ぐ世界防疫史上、最長の新記録を立てたのに続いて、80余日という短期間にわが国が防疫において完全に安定を取り戻した国となったのは、偉大な領袖の卓越した指導の下にわが党と人民が獲得した世界保健史に類のない奇跡であると強調した。

そして、わが国の境内に悪性ウイルスが流入する最重大非常事件が発生した去る5月から今日に至る防疫大戦は空が崩れ落ちるとしても朝鮮労働党は祖国の運命と人民の生命安全に無条件に責任を持たなければならないという党中央の崇高な志が最上の高さで発現された激動の日々であったと述べ、次のように言及した。

わが党中央委員会政治局は、国家防疫事業が最大非常防疫システムに移行した初期から事実上の防疫総司令部として10余回の重要党会議を招集し、防疫活動において提起される問題を現地で直接調べながら、国の人的・物的・科学技術力量を防疫活動に総志向させ、防疫状況を最短期間内に安定期へ調整した。

敬愛する総書記同志は去る5月の党中央委員会第8期第8回政治局会議で、国家防疫事業を最大非常防疫システムに移行するようにし、地域別遮断・封鎖と単位別隔絶措置を実施し、悪性ウイルスの拡散の隙間を抜け目なく完璧(かんぺき)に遮断する問題をはじめ、突発的な防疫の危機に対処するための原則と課題、方途的問題を明示した。

敬愛する総書記同志の卓越した指導と不眠不休の献身に励まされた全国の人民は、最大非常防疫の期間、防疫大戦の参戦者、直接的な担当者という強い責任感を持ってこぞって立ち上がり、その過程に党と国家の防疫措置に絶対服従し、防疫の規定と秩序を自発的に順守する気風が確立され、全社会的な防疫の雰囲気がいっそう高調した。

防疫大戦の日々、党中央軍事委員会の特別命令を受けて首都非常防疫戦の第1線に出た人民軍軍医部門の戦闘員は、母なる党の不死の薬が市民により速く、正確に行き届くようにする一方、人民のためのよいことを多く探して行って革命的党軍の人民的性格をはっきり誇示し、軍民の情をいっそう厚くした。

人民軍軍医部門の戦闘員が発揮した闘争精神に見習って、全国各地の数多くの医療従事者が最大非常防疫の期間に現場で寝食しながら住民の治療にあらゆる真心を尽くしたし、2400人余りの保健医療部門経歴者も志願して医療サービス活動に参加し、悪性伝染病との戦争を最短期間内に終息させるために献身的に努力した。

数多くの活動家と勤労者の間で、医薬品と防疫物資、食糧、資金などを防疫および治療・予防機関と参戦老兵、傷痍軍人家庭、困っている世帯に送ってやる真心こもった行いが数多く発揮され、全国的に8000余りの各種の移動奉仕隊が組織されたし、3万人余りの支援者が食糧と医薬品、生活必需品などの前進供給に参加して住民の生活上の便宜を積極的に図った。

防疫・保健医療部門では、世界的な悪性ウイルス拡散状況に応じて防疫措置を機動的に調整しながら、新しい検査技術を開発し、検査能力を拡大する一方、朝鮮人の体質と特性、われわれの実情に合う治療方案を確立したし、医薬品の保障で迅速性と正確性、安全性と効率性を保障するための対策を徹底的に立てて伝染病の拡散を防ぎ、人命被害を最小限にとどめることに寄与した。

その結果、わが国では最大非常防疫システムを稼働した初期に一日の発熱患者発生数が最高39万人余りを記録して猛威を振るっていた防疫危機を80余日という最短期間内に制圧し、それも0.0016%という世界的に最も低い致命率に防疫の形勢を逆転させる驚異的な成果が収められた。

敬愛する総書記同志は、防疫危機が生じた初期に道・市・郡が地域別に遮断、封鎖されて人民に食糧をまともに供給することができず、原料、資材が保障されなくて国の経済が沈滞状態に置かれるようになった重大な実態を洞察し、内閣の非常指示を下達するようにして最大非常防疫期間に人民の健康と生命安全、便宜を徹底的に保障することを最優先的な課題とし、当面の経済活動を中断せず推し進めるよう賢明に導いた。

そうして、最大非常防疫の期間に金属と化学、電力と石炭、軽工業と農業、建設部門など、社会主義建設の各分野で最大非常防疫システムの要求に即して活動体系と秩序を正しく立て、生産と建設を中断せず推し進めるための的確な解決策を伴わせながら頑強な闘いを展開して人民経済計画を完遂し、営農工程を日程通りに推進したし、和盛区域1万世帯分の住宅と連浦温室農場の骨組工事を計画通りに終えたことをはじめ、はっきりした前進が遂げられた。

最大非常防疫の期間に収められた誇るに足る成果は、敬愛する総書記同志の千里眼の先見の明と卓越かつ洗練された指導がもたらした輝かしい結晶体であり、総書記同志だけを固く信じて従い、熱烈な愛国衷情と堅忍不抜の努力、剛毅な意志を発揮したわが人民の大事な獲得物である。

金徳訓総理は、こんにち、われわれには党大会の決定貫徹のための今年の戦闘目標を成功裏に達成し、国家発展の新たな局面を力強く開かなければならない責任あって膨大な戦闘的課題が提起されていると述べ、次のように続けた。

国家非常防疫事業で重要なのは、一にも、二にも、三にも党中央の唯一的指導体系をより徹底的に立てることである。

全人民をわが党の防疫政策でしっかり武装させ、防疫活動を全人民的な活動に確固と転換させるとともに、活動と生産活動を徹底的に疫学的要求に即して行っていくことで防疫大戦での成果をさらに拡大し、社会主義建設と国家の安全を頼もしく保証しなければならない。

伝染病の発生と流入、拡散を完璧に遮断、掃滅できるように防疫の体制と体系を完備し、防疫部門に対する国家的投資と保障活動を強化し、いかなる脅威や挑戦にも主動的に対応できる物質的・技術的土台をしっかり築かなければならない。

新しい変異株の連続的な出現によって世界的な保健危機状況がより悪化し、サル痘をはじめとする悪性伝染病が折り重なって人類の生命を時々刻々脅かしており、わが国にまた悪性ウイルスを流入させようとするかいらいの卑劣で悪辣(あくらつ)な策動がいっそう露骨になっていることに即して国境と前線、海岸を鉄桶のごとく封鎖し、防疫活動でいささかの隙間や盲点も現れないように最大に自覚し、また自覚しなければならない。

全ての部門、全ての単位では、防疫活動で収めた貴重な成果に基づいて変化した防疫の形勢と主・客観的条件に即して経済建設と人民の生活向上を目指す作戦と指揮を能動的に緻密(ちみつ)に行って今年の人民経済計画を必ず完遂し、社会主義建設の全面的発展を力強く促していかなければならない。

金徳訓総理は、われわれみんなが敬愛する総書記同志に従うところにいつも勝利と栄光だけがあるという確たる信念を固く刻み付け、一心団結の不抜の力の威力で国家防疫能力建設と朝鮮式社会主義建設の全面的発展を目指す闘いに拍車をかけることで祖国と人民の安全をしっかり守り、わが国家の尊厳と地位を世界に宣揚しようと呼びかけた。

 

 

金正恩総書記の賢明な指導の下に防疫形勢を安定させる奇跡を生み出した 国家非常防疫司令官

全国非常防疫総括会議で、国家非常防疫司令官である朝鮮労働党中央委員会の李忠吉部長が討論した。

李忠吉部長は、敬愛する金正恩総書記が国家防疫事業を悪性ウイルスとの戦争に、国家事業の第1順位にして国家の総力をあげるようにし、防疫活動に対する軍事化された指揮体系とともに世界が知らない先制的な封鎖措置、度合い強い防疫対策を立ててくれたことに言及した。

金正恩総書記が国家防疫事業を最大非常防疫システムに移行させて国に生じた防疫危機に対処するための方向と方途を明示し、国家非常防疫司令部が自己の基本責務に忠実であるように温かく導いたと述べた。

李忠吉部長は、最大非常防疫期間、全社会的な防疫の雰囲気がいっそう高調し、わが党と政府の防疫政策の正当性、人民性、透明性と保健危機状況を自力で統制、管理していく国家の底力が遺憾なく誇示されたと述べ、次のように言及した。

党中央の指導の下、国家非常防疫司令部では地域別遮断・封鎖、単位別隔絶と開放措置などの防疫措置を能動的に調整しながら拡散の隙間を最小限にとどめたし、抗体検査技術と悪性伝染病拡散状況管理サポートシステムをはじめとする先進的で科学的な検査と診断システムを開発、導入して、全国の伝染病拡散状況を迅速かつ正確に掌握し、安定的に統制、管理することができた。

その結果、わが国では最大非常防疫システムを稼働した時から3カ月もならない短期間に悪性伝染病による発熱患者470余万人をみんな全快させ、致命率も0.0016%で、世界のどの国とも比べられない低い記録を立てて伝染病危機対応管理において世界的な奇跡を生み出した。

李忠吉部長は、世界が「世紀的な謎」「伝説のような現実」と賛嘆してやまないこの奇跡は全的に、金正恩総書記の犠牲的な献身、賢明な指導がもたらした立派な結実であると述べ、次のように続けた。

国家非常防疫司令部では、党と人民の一心団結によってもたらされた防疫大戦の貴い成果をさらに拡大し、いかなる保健危機にも主導的に、成功裏に対処できる確固たる国家防疫能力を建設するための活動に総力を集中する。

革命の最高参謀部である党中央委員会が位置している首都圏に対する防疫障壁を鉄桶のごとく打ち固めるための活動に万全を期しながら、前線と国境、海岸、海上、領空を抜かりなく封鎖して新たな伝染病の流入を徹底的に遮断、制圧するとともに、非常防疫活動に阻害を与える流言飛語に警戒心を高め、世論のテコを策略的に掌握、主導していく。

科学的な防疫は科学的な検査から始まるということを常に銘記し、全国的な検査の密度と検査の正確性、科学性を最大に高めるための画期的な対策を立てるとともに、生物工学技術をはじめ先端技術に依拠して治療薬物の開発と生産を力強く推し進め、世界的な現在の保健危機だけでなく展望的な伝染病脅威と挑戦にも機敏に対応できるように防疫部門の技術陣と物質的土台、機構体系を強化するための活動を積極的に推し進めていく。

李忠吉部長は、祖国と人民の運命がかかっている国家防疫事業を丸ごと任せてくれた金正恩総書記の大いなる信頼と期待をいつも銘記し、勝利からさらなる勝利をもたらしたわが国家の輝かしい伝統をこんにちの防疫大戦でも変わることなくしっかり継いでいく上で、党と国家に対して担った重い責務を全うすることを決意した。

 

 

平壌市非常防疫師団長 首都の防疫障壁を鉄桶のごとく固めていくことを決意

全国非常防疫総括会議で、平壌市非常防疫師団長である朝鮮労働党平壌市委員会の金英煥責任書記が討論した。

金英煥責任書記は、全国を襲った突発的な防疫危機を3カ月もならない短期間に完全に制圧した現実は防疫大戦の最前方に立って祖国の安全と人民の安泰を決死の覚悟で守ってくれた敬愛する金正恩総書記の賢明な指導を抜きにしては考えられないと強調した。

金正恩総書記は、人民の生命安全が心配されて毎日のように深夜、未明に次々と政治局会議を招集し、国家防疫事業を最大非常防疫システムに移行し、首都を地域別に遮断、封鎖し、単位別に隔絶させるように措置を取ってくれたばかりか、非常事態に対応した危機管理システムと秩序を整然と立て、医薬品の供給と治療法、人民の生活保障対策に至るまで細心な教えを与えたと述べた。

人民の生命安全を第一にし、国家事業を行っていく偉大な慈父の伝説のような愛は死にも打ち勝つようにした不死の薬であったし、全国を忠誠と美徳の大花園に転変させた滋養分であったと強調した。

金英煥責任書記は、金正恩総書記の賢明な指導によって、たった数日間に数千の封鎖哨所が展開されて地域別遮断・封鎖と単位別隔絶措置が徹底的に実現し、2万3000人余りの保健医療従事者と医科大学の学生はもちろん、保健医療部門の経歴者も防疫大戦に立ち上がるようになったし、毎日、集中的な病気の検査・検診を行いながら発熱患者に対する隔離および治療対策を立てるようになったと明らかにした。

普通、大災難に見舞われた所では不倫・背徳と弱肉強食がはびこり、不幸と絶望のため息をつく声が響き出ると言ったが、防疫危機に打ち勝ったわれわれの首都市民はより強くなり、睦まじくなったし、家々でわれらの総書記万歳、労働党万歳、社会主義万歳の声がより高らかに上がっていると述べた。

最大非常防疫期間に首都市民はたとえ一時的な困難はなめたが、金正恩総書記が居て悪性ウイルスとの戦争だけでなく、この世のいかなる苦難と試練が迫ってきても恐れるべきことがなく、必ず勝利するという信念をより固く刻み付けるようになったと述べた。

金英煥責任書記は、世界的に悪性伝染病が完全に終息する時まで活動家と党員と勤労者が油断と放心を徹底的に警戒し、防疫の規律と秩序を自発的に厳格に守るように闘争の度合いを引き続き強めることで、首都の防疫障壁をいっそう鉄桶のごとく固めていくと決意した。

 

 

国防省非常防疫師団の副師団長が国家防衛の前哨線をいっそう打ち固めて防疫大戦の勝利を武力で保証すると決意

全国非常防疫総括会議で、国防省非常防疫師団の副師団長である朝鮮民主主義人民共和国の李永吉国防相が討論を行った。

李永吉国防相は、わが国で悪性ウイルスの拡散を短期間に防ぎ、防疫の形勢を安定させる成果を収めたのは全的に、歴史に前例のない防疫大戦を陣頭に立って指揮してきた敬愛する金正恩総書記がもたらしたものであり、祖国の歴史とともに千秋万代に末永く伝えるべき不滅の大業績であると激賞した。

顧みると5月12日、党中央委員会第8期第8回政治局会議が緊急招集され、2020年2月から2年3カ月にわたってしっかり守ってきたわれわれの非常防疫戦線に破裂口が生じる国家最重大非常事件が発生したという報に接した時、想像できなかった事態にわれわれの人民軍指揮官たちも不安感を隠せず、どうしたらよいのか分からなかったと述べた。

まさにこのような時に、金正恩総書記は悪性ウイルスの感染者が発生した初期から伝染病拡散状況を迅速に抑止、管理し、戦略的主導権を確固と握るための防疫指針と闘争方略を明示し、防疫大戦の最前方にわれわれの人民軍を立たせたと強調した。

大流行伝染病が発生した時から900余日が流れた現在まで、悪性ウイルスが拡散した世界のどの国も、はては医学が発展したと自称する国でも80余日という短期間に全域で同時多発的に速く拡散していた感染症を抑止し、安定的な防疫の形勢を維持した例はないと述べた。

李永吉国防相は、非常防疫戦線の第1線を守っている守護者という自覚を抱いて、党と国家の防疫措置を正確に実行する上で高度の責任感を発揮すると述べ、次のように語った。

現在の伝染病拡散状況が安定した形勢であるとして瞬間でも気を緩めるなら、今まで悪戦苦闘して収めておいた貴重な防疫の成果を瞬間に台無しにするということを全ての将兵に深く認識させ、彼らが悪性ウイルスの流入を徹底的に防ぐための闘いで絶対服従、決死貫徹の気風を遺憾なく発揮するようにする。

国家防衛の前哨線をいっそう打ち固め、防疫大戦の勝利を武力で保証し、特に、前線と国境、海岸と海上、領空で警戒勤務を強化して、国防において安全空白、防疫において盲点が絶対に生じないように万全を期する。

 

 

リ・ソンハク副総理が国の保健医療土台の強化と人民の生活向上を目指す闘いに拍車をかけると強調

全国非常防疫総括会議で、朝鮮民主主義人民共和国内閣副総理のリ・ソンハク氏が討論を行った。

リ・ソンハク副総理は、敬愛する金正恩総書記は保健医療部門に内在している盲点を画期的に克服し、伝染病状況に応じて自動的に稼働し、施行される危機管理システムを確立すべきだという教えを与えたと強調した。

また、国家最重大非常事件が発生した峻厳な時刻に、金正恩総書記が重要党会議で防疫危機を完全に平定し、人民の生命安全と健康を持続的に保護できる強力な土台を築くことを最優先課題に提示し、そのための方向と方途を明示したと披歴した。

そして、最大非常防疫期間、経済幹部が右往左往せず、医薬品の供給、患者の治療とともに、人民の食糧保障問題、生産と建設を中断せず進めることをはじめ、人民の生活と経済活動において提起される大小の問題に至るまで金正恩総書記が与えた貴重な教えはわれわれの活動家が非常防疫活動において受け持った責任と役割を円滑に遂行できるようにした鼓舞的旗印、原動力になったと述べ、次のように語った。

金正恩総書記の賢明な指導と祖国と人民に対する献身的な愛があったので、保健医療部門で悪性ウイルスの流入という突発的な事態に慌てふためいて医薬品の供給と薬局の運営対策も立てられず、人民に医薬品が適時に行き届かないようにした偏向が即時克服されたし、防疫危機に対処できる整然たる活動システムを確立し、製薬工場で輸入に依存していた医薬品の生産原料を国産化し、リアルタイムPCR検査設備と検査試薬を朝鮮式に開発したのをはじめ、現在の危機を主動的に打開するための作戦と指揮を迫力あるものに行うことができた。

金正恩総書記は、非常防疫状況が長期化する中でも、党大会の決定貫徹のための全人民的な大進軍を強力に進めるように賢明に導いた。

金正恩総書記は、党中央委員会の各総会で経済建設を活気を帯びて推し進め、人民により安定して向上した生活条件を提供すべきだという党中央の決心と意志を披歴し、世界的な保健危機によって国の経済が沈滞状態に入った時、非常防疫活動を強化しながらも経済建設と人民の生活向上に切実に必要な物資を搬入するために軍用飛行場を丸ごと明け渡すようにし、中央と道・市・郡に連合指揮部も強力に組織するようにした。

歴史の前例のない苦境を克服し、最悪の保健医療危機を制圧、平定して経済活動と人民の生活で収めた貴重な成果は、金正恩総書記を高くいただいているチュチェ朝鮮でのみ生み出される偉大な奇跡であり、社会主義の新しい勝利を導く強力な力は唯一、百戦百勝の朝鮮労働党にだけあるということを再びはっきり誇示した。

リ・ソンハク副総理は、最大の奮発力と闘志を持って国の保健医療土台を強化し、人民の生活を向上させるための作戦と指揮を緻密(ちみつ)に行って、社会主義建設の全面的発展を力強く促すことに知恵と情熱の限りを尽くすと決意した。

 

 

朝鮮労働党中央委員会キム・ヨジョン副部長が発言しました

全国非常防疫総括会議で朝鮮労働党中央委員会キム・ヨジョン副部長が発言しました。

キム副部長は、今のこの誇らしい成果は党中央の正しい指導がある限り、いかなる災難も怖くなく、必ず乗り切ることができると言うことを改めて証明し、党と人民が一致団結した共和国の底知れない力を一層はっきりと示している、

このたびの国難は明白に世界的な保健危機を機に、共和国を押しつぶそうとの敵対勢力の反共和国対決の狂気沙汰が招いたものだ、

敵対勢力が共和国にウイルスが流入される危険な行動を続ける場合、われわれはウイルスは言うまでもなく、南朝鮮当局の輩も撲滅してしまうことで答えるだろう、

南朝鮮の傀儡集団は正にわれわれの変わることのない主たる敵であり、革命闘争の勝敗を左右する根本の要因は階級意識である、

労働党の宣伝部門の活動家は、人民みなの激怒した感情と活火山のように噴出する怒りがさらに燃え上がるよう階級的教育をより強く、より攻撃的に行ってこの地を揺ぎ無い階級の砦に、朝鮮人民が気楽に無病息災に過ごす大事な住処にしっかり守っていくと述べました。

 

 

金正恩総書記が最大非常防疫戦の勝利に貢献した防疫および保健医療部門の活動家と科学者に会って祝う

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が8月10日、最大非常防疫戦の勝利を収めることに貢献した防疫および保健医療部門の模範的な活動家と科学者に会って祝った。

千里眼の先見の明と不眠不休の精力的な指導で世界保健史に特記すべき奇跡的勝利をもたらして祖国と人民の安泰をしっかり守り、社会主義朝鮮の不屈の気概を全世界に宣揚した偉大な金正恩総書記を栄光の会議場で身近でまみえることになった大きな幸福によって参加者は、こみ上げる激情を禁じ得なかった。

金正恩総書記は、最大非常防疫の期間、党と政府の人民的かつ科学的な防疫政策、保健医療政策を忠実に支えて悪性伝染病との防疫戦で特出した寄与をした活動家と科学者一人一人の手を温かく取って激励した。

金正恩総書記は、党と国家が任せた人民の生命守護のための戦域で力と知恵と真心を惜しみなくささげて奮闘、活躍した防疫・保健医療戦士は戦火の日々、血潮を流して祖国と人民の安泰を決死の覚悟で防衛した火線勇士同様のわれわれの時代の真の愛国者であると高く評価した。

金正恩総書記は、わが国で猛威を振るっていた伝染病拡散事態を成功裏に平定し、防疫の安全を回復する上で防疫部門と保健医療部門の活動家が最も苦労が多かったと述べ、党の赤い防疫戦士、保健医療戦士が発揮した党と革命に対する忠実性、人民に対する献身性、自分の任務に対する責任感を党中央は億万金よりも貴重に見なすと語った。

金正恩総書記は、この世で最もよいわが制度の守護者、人民の生命を見守る頼もしい保護者である防疫・保健医療部門の活動家と科学者に対する党の期待はとても大きいと述べ、わが人民が最も立派な保健医療制度、防疫制度の実質的な恩恵と保護を受けて無病息災で健康な体で長生きするようにさせるための活動で責任感と役割を増大させていくことについて強調した。

金正恩総書記は、全ての参加者が人民に対する変わらない忠心と献身的奉仕精神を抱いて収めた勝利をいっそう強固にし、防疫闘争で倍加の成果をあげることで、時代と革命の要求に応じ、祖国の力強い前進・発展に積極的に寄与するとの確信を表明し、彼らと共に意義深い記念写真を撮った。

全ての参加者は、自ら防疫大戦の総司令官になって大勝をもたらしておきながらも、全ての栄誉を戦士たちに与えてくれる敬愛する金正恩総書記に感謝のあいさつを謹んでささげながら、党中央の大いなる信頼を一生の第一の富として刻み付けて、わが党の政策とわが制度の優越性を防疫の実践、保健医療の実践にしっかり具現する真の共産主義者として生を輝かすという燃えるような決意を固めた。

 

 

 

金正恩総書記が全国非常防疫総括会議の参加者と記念写真

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が8月10日、全国非常防疫総括会議の参加者と共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である金徳訓氏と李忠吉、チェ・ギョンチョルの両氏が参加した。

偉大な党中央の周りに千万の人々が固く結集した一心団結の不敗の力で峻厳(しゅんげん)な保健危機を打開し、最大非常防疫戦の勝利を宣布した歴史的な日に、金正恩総書記をいただいてチュチェの最高聖地で一生の光栄に刻み付けられる意義深い記念写真を撮ることになった参加者の胸は、大きな感激と歓喜で激しく沸き返った。

敬愛する金正恩総書記が到着すると、嵐のような「万歳!」の歓呼の声があがって天地を震撼させた。

全ての参加者は、祖国と人民に対する崇高な使命感と烈火のような愛を抱いて先見の明のある洞察力と強靭大胆な意志、非常な決断と卓越した指導で人民死守戦の最前方で偉大な滅私奉仕の道程を限りなく歩み続けて、わが国家と人民の尊厳と安泰をしっかり守ってくれた金正恩総書記を激情の涙を流して仰ぎながら、最大の敬意を謹んで表した。

金正恩総書記は、党の路線と政策を絶対の真理として受け入れて心から応え、全人民的な防疫戦線の前衛で党中央の構想と決心を徹底した行動の実践で支えてきた参加者に温かい戦闘的あいさつを送った。

金正恩総書記は、わが人民が獲得した勝利はわが国家の偉大さ、わが人民の不屈の強靭さ、われわれが自負する美しい国風がどんなものなのかを再び全世界に誇示した歴史的出来事になると述べ、党と人民が一つの思想と信念、血縁の情で一致団結した力こそ、他人が持つことも、まねることもできないチュチェ朝鮮の必勝不敗の革命資産であり、いかなる未曽有の難関も切り抜けられる強力な霊剣になると語った。

金正恩総書記は、全ての参加者が最大非常防疫戦の高貴な勝利を新たな闘争力と奮発力に昇華させ、国家防疫能力の建設に拍車をかけることで、最も優れた朝鮮式社会主義制度の威力を全面的に強化していくとの期待を表明し、参加者と共に記念写真を撮った。

全ての参加者は、敬愛する金正恩総書記の指導に従って史上最悪の危機に果敢に打ち勝った不屈の精神力と英雄的気概で貴重なわが国家の安全とわれわれの生活、希望に満ちた未来をよりしっかり守り、社会主義の全面的発展を遂げるための歴史的大業を力強く促すという鉄石の意志を固めた。

 

Category: 日本語 | Views: 56 | Added by: redstartvkp | Tags: COVID-19, Coronavirus, DPRK, North Korea, Korea, Kim Jong Un, Omicron