MENU

06:41
和盛地区1万世帯住宅建設の着工式

   【平壌2月13日発朝鮮中央通信】   

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Deutsch]

 

金正恩総書記が着工式に出席して意義深い演説を行う

全国の人民が、金正日総書記の生誕80周年を革命的大慶事として迎えるという高い革命的熱意と労力的献身性で充満している中、首都平壌で新たな1万世帯住宅建設の砲声が再び響いた。

朝鮮労働党第8回大会が示した平壌市5万世帯住宅建設構想と党中央委員会第8期第4回総会の決定に従って、和盛地区1万世帯住宅の建設が開始される。

朝鮮労働党が連続的に、果敢に展開する住宅の建設は、この地で人民の尊厳が誇示され、幸福が全面的に実現される繁栄強国の新しい国づくりを早めることに全てを服従、志向させる偉大な党の人民大衆第一主義理念と頑強な実践力のはっきりした誇示である。

和盛地区1万世帯住宅建設の着工式が2月12日、盛大に行われた。

荘厳な建設大戦が開始される着工式場は、党の新たな建設革命大綱を体して党大会が決定した最も張り合いのある誇らしい事業で根気強く偉勲を立てることで、わが党の宿願を立派に現実化し、朝鮮式社会主義の文明発展を力強く先導する軍民建設者の戦闘的熱意で沸き返っていた。

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、着工式に出席した。

金正恩総書記が着工式場に到着すると、全ての参加者は祖国と人民、革命に対する偉大な使命感を身につけて、鉄の信念と千里眼の英知、必勝の指導力で文明的、かつ富強な強国の明日、目覚しい変革の新しい国を築いていく金正恩総書記を仰いで熱狂的な「万歳!」の歓呼の声を上げた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である趙甬元、金徳訓の両氏と党中央委員会の書記である李日煥、呉秀容の両氏、パク・フン内閣副総理をはじめとする党と政府の幹部と内閣、省、中央機関、平壌市内の活動家が着工式に出席した。

李永吉、金正官の両氏をはじめ、武力機関の活動家が出席した。

着工式が宣言されると、朝鮮民主主義人民共和国国歌が荘重に奏楽された。

金正恩総書記が「和盛地区の大変革によって首都建設の大繁栄期を一層輝かそう」という意義深い演説を行った。

金正恩総書記は、今日、新たな勇気と確信に満ちてわれわれの首都に今一つの変革の時代を象徴する人民の新しい通りを建設するための着工式を行うことになった喜びを披歴し、党中央委員会第8期第4回総会の決定を高く掲げて、和盛地区1万世帯住宅建設の着工を盛大に行うことによって、厳かな2022年度の闘争の序幕を開いている首都建設者と人民軍将兵を党中央委員会と共和国政府を代表して熱烈に祝った。

金正恩総書記は、今年の建設部門の最も主なる課題の一つである和盛地区1万世帯住宅建設は、昨年から始まったわが党の宿願事業である平壌市住宅展望目標遂行の2度目の工事であると同時に、この地区に新しい近代的な都市区画を形成するための第1段階の建設であることについて述べた。

金正恩総書記は、昨年、不屈の闘志、粘り強い努力によって、平壌の東の関門である松新・松花地区に1万世帯の素晴らしい街を建設することで、第8回党大会の決定貫徹の2年目に計画通りに和盛地区の住宅建設を推し進められる確実な成果と保証をもたらした軍民建設者の偉勲を高く評価した。

金正恩総書記は、和盛地区で展開される1万世帯分の住宅建設で高揚した闘争意欲と攻勢的な前進の気概が強く発揚され、より固い確信を与え意義のある大きな成果が収められるとの確信を表明するとともに、今年の大建設戦闘を強力に、用意周到に展開する上で提起される課題と方途を提示した。

金正恩総書記は、全国的範囲に広がっている大建設戦線で和盛地区1万世帯住宅建設は最も先行すべき基本戦域であることを明らかにし、党の建設政策を完璧かつ徹底的に実行する上で和盛地区に展開された建設部隊が当然先頭に立ち、全ての建設戦域のモデルになって聖なる建設大戦に知恵や熱情、闘志を惜しみなくささげるとの期待を表明した。

金正恩総書記が情熱あふれる演説を終えると、全ての建設者は朝鮮式社会主義発展の偉大な新時代のために、われわれの平壌のために、大変革を遂げた住まいとともに開花する人民の幸福のために限りない思索と労苦をささげている総書記の崇高な志を体して、不屈の強靭さと尽きない創造精神で和盛地区に社会主義繁華街をこれ見よがしにうち建て、首都建設の全盛期をつないでいく鉄石の意志にあふれて嵐のような「万歳!」の歓呼の声を上げた。

着工式では、党にささげる決意文を金正官氏が朗読した。

金正官氏は、チュチェの最高聖地、錦繍山太陽宮殿地区をわが国の社会主義文明の中心に転変させる雄大な構想を示し、聖なる激戦場に呼んでくれた党の大いなる信頼を受けた全ての建設者の非常に激昂した熱意について述べた。

また、錦繍山周辺一帯を立派に整えるのが金日成主席の子孫、金正日総書記の戦士、教え子の当然な道理、義務であることを心に刻み付けた強力な忠誠の隊伍は、全国の人民が期待し、世界が注視する和盛地区で党の時間表通りに、偉大な金正恩時代を堂々と代表することができ、わが党の理想が凝縮された人民の財宝、モデルの創造物を必ずうち建てると確言した。

決意文では、金正恩総書記が直接授与した平壌市5万世帯住宅建設指揮部の旗を闘争と前進の旗印にはためかせ、忠誠の大激戦場で新しい和盛速度、和盛神話を生み出すという全ての建設者の確固不動の意志が表明された。

全ての軍民建設者は、勝利の確信を持って総突撃して和盛地区の大変革をもたらすことで、わが人民を絶対的に奉る党の雄大な構想がどんな奇跡を生み出すのかを全世界に力強く誇示するということを党の前で厳かに誓った。

和盛地区1万世帯住宅建設の着工を知らせる発破の爆音が、二月の空を揺るがせた。

壮快な雷鳴の音に続いて、着工を祝う花火が次々と打ち上げられ、歓呼の声が天地を震撼させた。

和盛地区の建設で労働党時代の繁栄と発展の新しい歴史を作っていく張り合いのある創造者、誇り高い開拓者としての栄誉と気概をあまねく宣揚するという軍民建設者が叫ぶ決死貫徹のスローガンと誓いの喚声が着工式場にこだました。

金正恩総書記は、党の志と意志を熱血の心に刻み付け、偉大な朝鮮労働党の戦闘的威力と社会主義朝鮮の革命的気概を誇示する大建設闘争に再び総決起した頼もしい軍民建設者を胸熱く激励した。

和盛地区1万世帯住宅の建設は、偉大な党の指導に従って社会主義の明るい未来に向けて勢いよく前進するわが人民の強い愛国的情熱と並々ならぬ創造精神、雄大な目標の実現へと勇んで進むわが国家の発展ぶりと潜在力をはっきり実証することになるであろう。

 

 

 

金正恩総書記が和盛地区1万世帯住宅建設の着工式で行った演説

敬愛する金正恩総書記が12日、和盛地区1万世帯住宅建設の着工式で行った演説「和盛地区の大変革によって首都建設の大繁栄期を一層輝かそう」の全文は、次の通り。

同志の皆さん!

今日、われわれは新たな勇気と確信に満ちて、われわれの首都に今一つの変革の時代を象徴する人民の新しい通りを建設するための意義深い着工式を行うことになりました。

私はまず、朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会の決定を高く掲げて、和盛地区1万世帯住宅建設の着工を盛大に行うことによって、厳かな2022年度のわれわれの闘争の序幕を開いている首都建設者と人民軍将兵に、党中央委員会と政府を代表して熱烈な祝賀と挨拶を送ります。

今年の建設部門の最も主なる課題の一つである和盛地区1万世帯住宅建設は、昨年から始まったわが党の宿願事業である平壌市住宅展望目標遂行の2度目の工事であると同時に、この地区に新しい近代的な都市区画を形成するための第1段階の建設です。

わが党と政府が承認した首都建設展望計画に従って、太陽の聖地近くに位置しており、9・9節通りともつながっている和盛地区には、今後3年内外で数万世帯分の住宅や公共建築、サービス施設が立ち並ぶ壮大な市街が建設され、新しい住民行政区域が生まれるようになります。

この膨大な工事を含めて平壌市5万世帯分の住宅建設目標が成功裏に達成されれば、わが党は人民との一番重要な約束を守ることになり、われわれの首都市民の住宅問題は確実に解決されるでしょう。

今はいつにもまして条件と環境が厳しい時期であるが、わが党と政府が毎年首都に1万世帯分の住宅の建設を頑強に推し進める理由がまさにここにあります。

同志の皆さん!

このように重要かつ膨大な和盛地区住宅建設を第8回党大会の決定貫徹の2年目に計画通りに始めることができたのは、全的に首都建設に決起した建設者と人民軍将兵の並々ならぬ労苦のおかげだと言えます。

昨年、松新・松花地区の1万世帯住宅建設は、国の経済状況が厳しく、幾多の難関が横たわっている条件の下で進められました。

しかし、われわれの建設者は不屈の闘志、粘り強い努力によって、あらゆる難関を乗り越えて計画された工事課題を果敢に推し進め、1年足らずの間に平壌の東の関門に超高層・高層住宅が立ち並んだ立派な市街を建設しました。

その結果、近付く太陽節(金日成主席の誕生日、4月15日)には、数多くの首都市民が新市街の住居に引っ越しする喜ばしい姿を目の当たりにすることができるようになりました。

党中央委員会第8期第4回総会はこれについて相応の評価をしました。

まさにそのような闘争、確実に収められた成果があったがゆえに、わが党中央委員会は次の段階の1万世帯分の住宅建設を用意周到に決心して手配することができたし、今日は和盛地区の住宅建設を正式に宣布する着工式を行うことができました。

わが党は、和盛地区で展開される今年の1万世帯分の住宅建設でも、昨年と同じく高揚した闘争意欲と攻勢的な前進の気概が強く発揚され、より固い確信を与え意義のある大きな成果が収められるであろうということを少しも疑っていません。

われわれの建設者たちは、奇跡の力を持った労働党時代の繁栄と発展の新たな歴史をつづっていく栄えある創造者、誇り高い開拓者です。

国の主要建設単位の建設者と人民軍将兵が進出した所で党の人民的政策が実現して、毎年数多くの人民が代を継いで暮らすすみかが建てられ、時代の文明を象徴する記念碑的な創造物が立ち上げられています。

壮大な建設の大激戦が繰り広げられる過程に動揺と無能が克服され、勇気と知恵が発揮され、後進性と沈滞が打破され、進歩と革新が起こり、未来へと突き進むわが国家と人民の力はさらに強大になります。

一言でいって、われわれの活気に満ちた前進と発展が厳然たる実物で立証され、これを妨げていたあらゆるもの、主・客観的挑戦が粉砕されて無気力になり、これはそのまま敵対勢力に下ろす鉄槌となるのです。

これがまさに、われわれが志向する変化であり、革命であり、勝利です。

そして、この革命事業の先頭に立っている主人公はほかならぬ同志の皆さん、建設者たちです。

われわれの建設者たちこそは、今日に生きながら明日を描き出し、その美しい未来を早める先駆者であり、われわれの時代の頼もしい前衛闘士です。

私は、わが党が示した正しい建設政策と建設者たちの創造的努力によって、われわれの建設が人民の福祉増進に徹底的に奉仕する社会主義的性格、人民大衆第一主義建築の本態を堅持しながらより近代的かつ先進的な分野に変化・発展するものと確信しています。

今年の和盛地区の住宅建設では、松新・松花地区の1万世帯住宅建設の経験と教訓をよく生かし、大建設戦闘をさらに強力に、用意周到に進めなければなりません。

大建設戦闘は国家の人的・物的・技術的潜在力が集中されて新しい実体をつくり出す壮大な創造活動であるため、それが完璧な成功作へとつながるかどうかは、作戦と指揮をどのようにするかにかかっています。

建設指揮部は、現存の建設陣と建材生産及び輸送能力、季節の条件を正確に見積もった上で、設計と施工の全過程を緻密に計画し、力強く推し進めなければなりません。

建設資材の保障を確固と優先させ、施工単位と監督機関の役割を強めて、工事の質と速度を同時に徹底的に保障することに全ての活動を指向させるべきです。

ここで重要なのは、建設の作戦・指揮において当面の工事日程の保障だけに偏る近視眼的な観点を一掃し、建設部門を将来を見通して発展させるための科学的な構想と方案を着実に実行していくことです。

首都建設は言うまでもなく、国家的な大建設は一、二年でやめることではなく、全人民が立派な住宅で住み、国の面貌が一新した後も新たな高い水準で続けなければならない長期的で絶え間ない事業です。

そのため、建設部門の物質的・技術的土台を質的、量的に強める活動と建材の多様化・国産化を実現する活動、建設作業の機械化比重を高め、先進的な建設工法や建築技術を拡大・導入する活動をはじめ、われわれの建設部門の発展にかかわる諸活動が一時でも遅延したり停滞してはなりません。

建設の全過程に、このような課題が段階別に工事計画と設計、建材保障と施工基準に一つ一つ反映され、実行され、総括されなければならず、革新的な発案と合理的な考案、大胆な企図が積極的に提起され、奨励されるべきでしょう。

こうして、毎年1万世帯ずつ新しい通りが増えるたびに、首都の姿、国家の姿が変わるばかりでなく、われわれの建設陣が一層強くなり、建設方式においても新しく前進し発展するものがなければなりません。

総じて、住宅建設そのものを円滑に進めると同時に、わが国の建設部門を近代的な水準に引き上げる事業が並行されて、今後より膨大かつ重大な工事課題をやり遂げるようになるべきです。

わが党は、建設に参加する全ての幹部と建設者の高い熱意と責任感、真心こもった努力を、建設の成果を左右する重要かつ決定的な要因と見なしています。

われわれが展開している社会主義建設場に常に力強いスローガンが掲げられ、赤旗がはためき、進軍歌が高らかに響き渡るのはまさにそのためです。

誰もが気高い理想と美しい希望に強く励まされるようにし、各自の熱意と努力が集団の大きな力となる栄誉と誇りを抱くようにし、相互に模範と長所に一層激励されるようにする斬新かつ激動的な政治活動こそは、平凡な勤労者を革新と偉勲の創造者に育て上げ、いかなる状況の下でも奇跡をもたらす社会主義特有の前進の原動力です。

全ての建設者が日ごとに変貌するわれわれの時代の幸福な生活と発展を自分の手で創造するという使命感と喜びに満ち溢れるように、自分の力強い勤労闘争によってより文明開化した明日を早めるという自負を胸いっぱいに感じるように、火線式政治活動を力強く繰り広げなければなりません。

互いに追いつけ追い越せ、見習う集団的な競争熱風を巻き起こし、愛国の熱情を一層発揮して、偉大な世代の不屈の強靭さと尽きせぬ創造精神が込められた、人民の笑い声が響き渡る社会主義繁華街を、まさにこの和盛地区にこれ見よがしに立ち上げなければなりません。

同志の皆さん!

今日、われわれの大建設戦線は、ここ首都の1万世帯住宅建設場だけではなく、全国的範囲に広がっています。

大冶金基地と化学工業基地、新たな動力拠点建設場と干拓地建設場で、そして検徳地区と連浦地区、全国の農村では、偉大なわが国家の富強・発展と人民の福祉のための建設戦闘が大々的に準備され、展開されています。

社会主義建設の全面的発展を強力に牽引すべきこれら全ての建設対象の中でも、和盛地区1万世帯住宅建設は最も先行すべき基本戦域です。

党の建設政策を完璧かつ徹底的に実行する上で、また、高揚した意気込みで白熱戦を繰り広げる上で、和盛地区に展開された建設部隊が当然先頭に立ち、全ての建設戦域のモデルにならなければなりません。

私は、ここに参加した全ての建設者と人民軍将兵が、人民の新しい通りを立派に立ち上げる大きな栄光と誇りを抱いて、人一倍の知恵や熱情、闘志を発揮して、和盛地区建設を計画された期日内に完工するものと確信しています。

ともに朝鮮式社会主義発展の偉大な新時代を目指して、

われわれの平壌のために、

大変革を遂げた和盛地区の新しい住宅に、われわれの父母兄弟、子息が新居入りする喜びのその日を早めるために奮励努力しましょう。

Category: 日本語 | Views: 91 | Added by: redstartvkp | Tags: Hwasong Area, Korea, Pyongyang, DPRK