MENU

21:02
金正恩朝鮮労働党総書記の革命活動

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Deutsch]

 

金正恩総書記が国家宇宙開発局を現地指導

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、国家宇宙開発局を現地で指導した。

朝鮮労働党中央委員会の劉進部長、朝鮮労働党中央委員会の金正植副部長が同行した。

敬愛する金正恩総書記を現地で、国家宇宙開発局と国防科学院の指導幹部が迎接した。

金正恩総書記は、国家宇宙開発局の指導幹部から朝鮮労働党第8回大会と朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会が示した宇宙国防科学技術目標を達成するための科学研究および開発実態について具体的に聴取した。

金正恩総書記は、衛星搭載型光学撮影装備と映像送信機をはじめデータ送受信通信装備、各種のセンサーおよび装置の開発および準備実態を調べ、最近、国家宇宙開発局が行った重要実験結果について報告を受けた。

金正恩総書記は、最近行った重要実験を通じて、航空宇宙写真撮影方法、高分解能撮影装備の動作の特性と画像データ伝送系統の信頼性を実証したことについて大きな満足の意を表した。

金正恩総書記は、重要実験を通じて地上の特定地域を試験撮影した垂直および傾斜撮影高分解能画像データを見ながら、画像合成処理技術と多量のデータ通信処理能力、操縦指令システムの正確性、通信暗号化技術など、国家宇宙開発局が最近、党の宇宙開発政策を体して達成した成果を高く評価した。

金正恩総書記は、第8回党大会が示した国防力発展5大重点目標の達成で偵察衛星開発の分が大変重大であると述べ、国家の戦争抑止力を向上させ、戦争対処能力を高める上で偵察衛星が持つ戦略的意義について再び明らかにした。

金正恩総書記は、偵察衛星開発のための活動は単なる科学研究活動や偵察情報収集手段の開発である前に、われわれの自主的権利と国益守護であり、堂々たる自衛権の行使であると同時に、国威の向上になると述べ、わが国家の戦争抑止力を向上させて国の戦争対処能力を完備するための急務であるこの事業は、わが党と政府が最も最重大事とする政治的・軍事的な先決課題、至上の革命課題であると語った。

そして、宇宙科学研究部門と国防科学研究部門の活動家と科学者、技術者がわが党の宇宙開発および国防発展政策を体して一致団結し、緊密に協同、協力しながら、党中央が定めた期間内に朝鮮式の偵察衛星の開発を立派に完遂することについて強調した。

金正恩総書記は、進行中の宇宙科学研究院と宇宙環境実験基地の建設問題も調べた。

金正恩総書記は、わが国家が掲げた宇宙征服の高い科学技術上の目標を達成するためには、宇宙科学研究部門の物質的・技術的土台をしっかり構築することが何よりも重要であると指摘し、宇宙科学研究部門が持続的に強化され、発展するように国家的な援助を強化し、重要措置を検討してみなければならないと述べた。

金正恩総書記は、朝鮮半島と周辺の地域で強行される米帝国主義侵略軍隊とその追随勢力の反朝鮮敵対的軍事行動の性格を徹底的に監視、鑑別し、状況管理能力を高め、当該の状況に応じて国家武力の迅速な対応能力を向上させるのは、わが党が重視する国家防衛力強化に関する戦略的・戦術的方針であると述べ、これを貫徹するための5カ年計画期間の偵察衛星開発、運用に関する戦闘的目標を打ち出した。

金正恩総書記は、軍事偵察衛星の開発と運用の目的は南朝鮮地域と日本地域、太平洋上での米帝国主義侵略軍隊とその追随勢力の反朝鮮軍事行動情報をリアルタイムで朝鮮武力に提供することにあると指摘し、このために5カ年計画期間内に多量の軍事偵察衛星を太陽同期極軌道に多角配備して、衛星による偵察情報収集能力をしっかり構築するという国家宇宙開発局の決心をわが党中央は全的に支持すると述べた。

金正恩総書記は宇宙、国防科学研究部門が党中央の戦略的企図を貫徹するための科学研究闘争へ総決起し、決死の覚悟で奮闘することで、党と革命に限りなく忠実な国防科学集団としての英雄的気質をあまねくとどろかすとの大きな期待と確信を表明した。

金正恩総書記が示した戦闘的課題を血潮たぎる胸に刻み付けた全ての活動家と科学者、技術者は、金正恩総書記が与えた大いなる信頼を無敵の力として満装弾(そうてん)し、わが国家の偉大な尊厳を先端国防科学で守り抜くという燃えるような忠誠の誓いを立てた。

 

 

金正恩総書記が西海衛星発射場を現地指導

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、西海衛星発射場を現地で指導した。

金正植、張昌河の両氏をはじめ軍需工業、国防科学研究部門の指導幹部と国家宇宙開発局の当該の活動家が同行した。

金正恩総書記は、西海衛星発射場の各所を見て回りながら、衛星発射場の改修、近代化目標を示し、その実行のための具体的な方向と方途を明らかにした。

金正恩総書記は、西海衛星発射場の現状について調べて評価し、今後、軍事偵察衛星をはじめとする多目的衛星を多様な運搬ロケットで発射できるように近代的に改修、拡張し、発射場の複数の要素を新設することに関する課題を打ち出した。

金正恩総書記は、大型運搬ロケットを発射できるように発射場区域とロケット総組立および連動実験施設、衛星連動実験施設を改修、拡張し、燃料の注入施設と補給系統を増設し、発射管制施設の要素と主要技術場を近代的に改修、拡張することに関する課題を与えた。

また、エンジン地上噴出実験場の能力を拡張し、運搬ロケットの輸送の便利性を保障できるように対策を立てる問題、発射場周辺の生態環境を改変させ、発射場の反対側の稜線の安全区域に屋外発射参観場を新しく建設する問題など、西海衛星発射場を近代的に改修、拡張する上で提起される具体的な教えを与えた。

金正恩総書記は、この西海衛星発射場は宇宙強国の夢を描いてくれた金日成主席と金正日総書記の強国念願が宿っている所である、主席と総書記の生前の志を体してわが国家が2度も人工衛星を自らの力と技術で成功裏に発射した意義深い所であると述べ、わが国家の遠大な宇宙強国の夢と抱負が種のように埋もれている西海衛星発射場を朝鮮の国威にふさわしく遠い将来を見通して宇宙征服の前哨基地、スタートラインに立派に転変させるのはわが党とわれわれの時代の宇宙科学者、技術者の崇高な責務であると語った。

金正恩総書記の教えを感激の中で受け止めた活動家と科学者、技術者は、金日成主席と金正日総書記の遺訓を体して党中央の遠大な宇宙強国建設構想を必ず実現すべき宇宙開拓者としての使命感を今一度深く自覚するとともに、金正恩総書記が打ち出した戦闘的課題を決死の覚悟で貫徹して、西海衛星発射場をわが国家の尊厳と国威にふさわしい最高のモデル衛星発射基地に立派に転変させるという燃えるような意志を固めた。

 

 

Category: 日本語 | Views: 69 | Added by: redstartvkp | Tags: Kim Jong Un, DPRK, Korea, Nada