MENU

09:48
朝鮮人民武力省代弁人 南朝鮮軍部の無謀な軍事的挑発行為を糾弾

 

朝鮮民主主義人民共和国人民武力省スポークスマンが談話を出しました

 

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語] [Español] [Deutsch]

 

朝鮮民主主義人民共和国人民武力省のスポークスマンは7日、次のような談話を発表した。

対決を誘発する危険千万な軍事的蠢動

朝鮮民主主義人民共和国人民武力省スポークスマンの談話

6日、南朝鮮軍部は、空軍空中戦闘司令部所属の「F-15K」、「KF-16」、「F-4E」、「FA-50」型機20数機と海軍第2艦隊所属の高速艇などを朝鮮西海の緊張地域に出動させ、合同軍事演習を展開した。 

南側の軍部好戦勢力のこうした盲動は、得てして、われわれに朝鮮半島の緊張緩和の努力に役に立たないと中止と強い遺憾などと自動応答機のような言葉ばかり繰り返していた上司もこれ以上口が利けない軍事的対決の極みだ。

全てが2018年の北と南の首脳会談以前の原点に戻りつつある。

このたびの合同演習は、過去、北と南の間に軍事的衝突が起きた朝鮮西海の最大緊張地域の空中と海上で展開され、われわれのいわゆる「異常兆候」と「挑発」を想定した状態で公然と展開された。

なおさら由々しいのは、南朝鮮軍部がわれわれを「敵」と呼び、こうした軍事演習を展開した事実だ。

これは絶対見過ごせない重大な挑発で、われわれが必ず必要な対応をすべき状況だ。

絶対に弁解できない意図的な対決の追求だ。

南朝鮮軍部はこのたびの合同演習の目的が北の火力及び奇襲「挑発」の対応能力を高め、「敵」の「挑発」原点を打撃し、支援勢力を撃退することにあることを隠していない。

南朝鮮軍部の無謀な軍事的挑発行為は、地上と海上、空中で相手側に対する一切の敵対行為を禁止し、特に、西海一帯を平和水域に変えることを全民族の前に確約した北と南の軍事合意に対する全面的な逆行で露骨な裏切り行為だ。

敵はやはり敵である事実を忘れてはならないと言うことを改めて悟らせ、骨身に刻ませる機会となった。

敵がわれわれを侵そうと公然と騒ぎ立てて熱を上げるのに、われわれがじっとしていられようか。

 

チュチェ109(2020)年5月7日

ピョンヤン

Category: 日本語 | Views: 37 | Added by: redstartvkp | Tags: North Korea, Inter-Korean relations, South Korea, Korea, DPRK