MENU

07:01
朝鮮労働党第8次大会

[조선어] [English] [Русский] [中国语] [日本語]

 

     歴史的な朝鮮労働党第8回大会開幕     

朝鮮式社会主義の全面的発展行路において一大分水嶺となる闘争と前進の大会

全国の全ての党員と人民、人民軍将兵の大きな関心と期待、熱望の中で、朝鮮労働党第8回大会がチュチェ110(2021)年1月5日、革命の首都である平壌で開幕した。

朝鮮労働党中央委員会は、朝鮮革命発展の新たな高揚期、荘厳な激変期が到来した時代の要請に即して党中央委員会の活動を全面的に厳正に総括し、社会主義偉業のさらなる勝利を獲得するための正確な闘争の方向と任務を明白に再確定し、実際の改善対策を立てるために、わが党の聖なる歴史において8回目となる党大会を招集した。

朝鮮革命の新たな闘争の前途を明示する第8回党大会の招集は、社会主義偉業を勝利の次の段階へ移行させようとするわが党の確固たる自信の表出であると同時に、栄えある朝鮮労働党の戦闘的行路において大きな意義を持つ特記すべき政治的出来事となる。

総括期間、わが党は偉大な金日成金正日主義を指導指針にして、党の指導力と戦闘力を高め、富国強兵の大業を実現し、革命と建設の各分野で人民大衆第一主義をいっそうしっかり具現するために力強く闘ってきた。

朝鮮労働党第8回大会は、革命発展の推移と当面の主・客観的情勢の要求を科学的に分析したことに基づいて、党の強化、発展と社会主義建設で画期的な跳躍を起こすための新たな闘争路線と戦略・戦術的方針を討議、決定することになる。

百戦百勝の導き手である朝鮮労働党を絶対的に支持して信頼し、党の構想と決心に忠実に従ってきたわが人民は、チュチェの革命偉業遂行の新たな発展と前進方向を指し示すことになる歴史的な第8回党大会に最大の敬意と熱烈な祝賀をささげている。

5日9時、わが党と国家と人民の偉大な首班であり、チュチェ革命の卓越した指導者である敬愛する金正恩同志が、党中央委員会政治局委員と共に大会の幹部壇に登壇した。

瞬間、会場は天才的な英知と傑出した指導力、強靭大胆な度胸と意志を身につけてわが党と人民を輝かしい勝利と栄光の道へ確信に満ちて導く敬愛する金正恩同志を仰いで、全ての参加者があげる嵐のような「万歳!」の歓呼によって激しく沸き返った。

敬愛する金正恩同志を首班とする党中央の卓越かつ洗練された指導の下で総括期間、チュチェの革命偉業の指導的力量としての朝鮮労働党の革命的本態がいっそう明確になり、自存と繁栄の新時代、わが国家第一主義の燦爛(さんらん)たる時代が開かれたし、わが朝鮮の尊厳と対外的地位、総合的国力は非常に高い域に上がった。

党中央の指導に一意専心で従い、類がなく厳しい試練と難関を忍耐し、奮闘する過程に、党と革命隊伍の一心団結が全面的に固められたし、人民大衆第一主義を第一の生命とする朝鮮式社会主義の絶対的優越性と自立、自力の旗印高く前進するチュチェ朝鮮の剛勇な気概が全世界に誇示された。

大会には、第7期党中央指導機関メンバーと全党の各級組織から選出された代表者が参加した。

敬愛する金正恩同志が、朝鮮労働党第8回大会の開会の辞を述べた。

敬愛する金正恩同志は、全ての代表者と全党の党員、全国の人民と人民軍将兵の限りない忠誠の心をこめて、偉大な領袖金日成主席と偉大な指導者金正日総書記に謹んで最も崇高な敬意と最大の栄光を謹んでささげた。

敬愛する金正恩同志は、全ての代表者を代表して本大会がわが党の創立者、建設者であり、偉大な領袖である金日成主席と金正日総書記の革命思想と偉業に徹底的に忠実であることを厳かに宣誓して、朝鮮労働党第8回大会の開会を宣言した。

限りない激情の中に包まれている参加者の胸に新たな革命熱、闘争熱を百倍にしながら、愛国歌が荘重に奏楽された。

朝鮮労働党中央委員会政治局の委任によって、金才龍同志が大会を司会した。

大会は、執行部を選挙した。

大会は、全国の全ての党員と人民、人民軍将兵の一様な意思と念願をこめて、敬愛する金正恩同志を第8回党大会の執行部に高くいただいた。

大会の参加者は、敬愛する金正恩同志への烈火のような信頼の念と忠誠の心を響き渡る「万歳!」の歓呼の声で示した。

大会の執行部は、次の通り。

金正恩同志

崔龍海同志、李炳哲同志、金徳訓同志、

朴奉珠同志、朴正天同志、金才龍同志、

李日煥同志、崔輝同志、朴太徳同志、

金英哲同志、崔富一同志、金秀吉同志、

太亨徹同志、呉秀容同志、金衡俊同志、

ホ・チョルマン同志、朴明順同志、趙甬元同志、

金與正同志、金正官同志、鄭京擇同志、

キム・イルチョル同志、任哲雄同志、李龍男同志、

金栄煥同志、朴正男同志、楊勝虎同志、

李周午同志、董正浩同志、高人虎同志、

キム・ヒョンシク同志、崔相建同志、呉日晶同志、

キム・ヨンス同志、李象元同志、李永吉同志、

キム・ミョンギル同志、姜潤石同志

大会は、幹部壇のメンバーを推薦した。

朝鮮労働党第8回大会執行部のメンバーと、総括期間に第7回党大会の決定貫徹のための闘いで自分の責務を全うするために努力した党中央指導機関のメンバー、重要戦闘単位の模範的な活動家が、参加者の熱烈な拍手の中で大会の幹部壇についた。

朝鮮社会民主党中央委員会の朴容日委員長、天道教青友党中央委員会のリ・ミョンチョル委員長、反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部のパク・スチョル代表が、幹部壇に招待された。

大会は、秘書部を選挙した。

大会の秘書部は、次の通り。

申龍萬同志、ハム・リョンチョル同志、ソ・ギョンナム同志、

キム・ボンチョル同志、カン・ジョングァン同志、キム・ジョンミン同志、

リ・ヒョンジン同志

大会は、次の議案を承認した。

第1、朝鮮労働党中央委員会の活動総括

第2、朝鮮労働党中央検査委員会の活動総括

第3、朝鮮労働党規約の改正について

第4、朝鮮労働党中央指導機関の選挙

朝鮮労働党第8回大会は、第1の議案に対する討議に入った。

敬愛する金正恩同志が、朝鮮労働党中央委員会第7期活動報告を始めた。

全ての参加者は、歴史的な党中央委員会の活動報告を注意深く聴取している。

大会は、続く。

 

 

敬愛する金正恩同志が朝鮮労働党中央委員会第7期活動総括報告を始めました

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、朝鮮労働党第8回大会の第1日会議で歴史的な党中央委員会第7期活動報告を始めた。

偉大な金日成金正日主義の旗印を高く掲げて社会主義偉業を力強く前進させ、朝鮮革命の新たな勝利の活路を輝かしく明示する不滅の大綱を受けることになる全ての参加者の限りない激情が会場に満ち溢れた。

敬愛する金正恩同志は報告で、朝鮮労働党第7回大会が指し示した偉大な前進方向に従って、朝鮮式社会主義建設偉業を力強く推し進めてきた党中央委員会の活動状況について概括的に述べた。

敬愛する金正恩同志は報告を通じて、第7期中央委員会の活動状況を成果と欠陥の両面から厳正に総括し、社会主義建設の画期的前進のための主たる闘争路線と戦略・戦術的方針、そして祖国統一偉業と対外関係を進展させ、党活動を強化、発展させる上での重要な問題を提起することになると述べた。

敬愛する金正恩同志は、総括期間、わが党と人民が収めた輝かしい成果について総括した。

敬愛する金正恩同志は、国家経済発展5カ年戦略の遂行で現れた欠陥とその主・客観的要因について分析した。

敬愛する金正恩同志は、新たな5カ年計画に従って国の全般的経済を一段ともり立てるための活動を展開することについて指摘し、金属、化学、電力、石炭、機械、採取工業をはじめとする人民経済の基幹工業部門の現実態を分析し、今後の発展のための課題を提起した。

党中央委員会第7期活動報告は、続く。

 

 

朝鮮労働党第8回大会の第2日会議

金正恩同志が朝鮮労働党中央委第7期活動報告を続ける

朝鮮労働党第8回大会の開会の報に接して全国が高揚した勢いで沸き立っている中で1月6日、大会の第2日会議が行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、第1日会議に続いて党中央委員会第7期活動報告を続けた。

朝鮮式社会主義建設の全面的発展行路において新たな前進をもたらすための戦略戦術的方針が反映された党中央委員会活動報告を聴取する大会参加者の熱意は、いっそう沸き上がっている。

第2日会議の報告では、交通・運輸、基本建設および建材工業、逓信、商業、国土環境、都市経営、対外経済をはじめとする主要部門と経済管理分野の実態が分析され、新たな5カ年計画期間に当該部門で革新と発展を遂げるための目標と実践方途が上程された。

また報告は、農業、軽工業、水産業部門で計画的で持続的な生産成長を遂げ、市・郡を自立的に、多角的に発展させて人民の生活で肌で感じられる実質的な変化をもたらすための解決方策に言及した。

報告は、国家防衛力をより高い水準に強化して国と人民の安全と社会主義建設の平和的環境を頼もしく守るという重大な意志を再宣明し、その実現における目標を提起した。

報告には、国の科学技術の発展を促進するための重要な課題が具体的に提示された。

全ての大会参加者は、活動報告を真摯(しんし)に聴きながら、新しい信念を持って革命活動に奮闘する覚悟をしている。

朝鮮労働党中央委員会第7期活動報告は、続く。

 

 

     朝鮮労働党第8回大会の第3日会議     

金正恩同志が朝鮮労働党中央委員会第7期活動報告を続ける

朝鮮式社会主義偉業の遂行において画期的意義を持つ朝鮮労働党第8回大会の報に連日接して、偉大な党に対する全党の数百万の党員と全国の人民の信頼の念と忠誠心はいっそう強烈になっている。

1月7日、朝鮮労働党第8回大会の第3日会議が行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、第2日会議に続いて党中央委員会第7期活動報告を続けた。

全党と全人民を新たな勝利の次の段階へ力強く鼓舞、激励する敬愛する金正恩同志の情熱に満ちる報告は、大会参加者を限りなく感動させており、党と革命に対して提起された重大な課題を必ず実行していくという革命的熱意と闘争の勢いを倍加させている。

第3日会議の報告は、文化建設を促すためのこれまでの5年間の活動過程に現れた欠点と教訓を深く分析、評価し、それを前進と跳躍の足場にして教育、保健医療、文学・芸術をはじめ社会主義文化の各分野で一大革命を起こして、新しい開花期を開くための方向と方途を提起した。

また、社会生活の各分野に健全で革命的な朝鮮式の生活様式を確立し、非社会主義的要素を徹底的に克服する上で提起される重要な問題に言及した。

国家管理を改善し、法務活動、法の闘争をいっそう強化すべき現実的要求を強調しながら報告は、革命の貴重な獲得物であり、朝鮮人民の生命、生活であるわが国家社会制度の優越性と威力を高く発揚させるための実践的方途を提起した。

報告では、党の紐帯、外郭団体である青年同盟をはじめ勤労者団体が自分の使命と本分を全うしていないことについて指摘され、同盟内部活動、思想教育活動を本筋としてとらえて全同盟を社会主義建設の威力ある力量に強化する上で提起される原則的問題が言及された。

大会参加者は、朝鮮労働党の以民為天の理念と人民大衆第一主義思想が一句一句満ち溢れる報告の内容に立脚して自分の部門、自分の単位の現実態を振り返り、党性、革命性、人民性の見地からこれまでの活動状況を冷徹に分析している。

高い党的自覚と進取的な闘争気風で活動を革新せず、図式と硬直、旧態依然とした仕事ぶりから脱しないなら、時代と革命の要求に追いつくことができず、前進途上に横たわった難関を切り抜けることができないという教訓を深く銘記しながら大会参加者は、党中央委員会の活動報告を注意深く聴いている。

報告は、現在の形勢と変遷した時代の要求に即して対南問題を考察し、対外関係を全面的に拡大、発展させるためのわが党の総体的方向と政策的立場を宣明した。

朝鮮革命の発展において重大な意義を持つ問題に対する参加者の並々ならぬ関心と熱意が高まる中で報告は、総括期間、党を組織的・思想的に強固にし、その指導的役割を強める上で収められた成果を分析したし、現在、党活動に内在している偏向を早急に正し、党と革命隊伍をいっそう強化し、革命と建設に対する党の指導を深化させる上で提起される課題と方途を提起した。

参加者は、朝鮮革命の内的原動力と発展の潜在力を余すところなく発揮して、直面した全ての障害と難関を成功裏に克服していく方略を明哲に示す党中央委員会の活動報告を大きな激情の中で受け入れている。

敬愛する金正恩同志の報告を真摯(しんし)に聴取しながら全ての参加者は、新たな発展期、跳躍期に入った朝鮮革命が提起している重くて責任ある闘争課題を自分の部門、自分の単位の活動と結び付けて深く研究している。

大会が続くほど、全ての参加者は朝鮮革命の参謀部であり、全ての勝利の組織者、導き手である朝鮮労働党の偉大さと賢明さについていっそう痛感しており、大会を契機に革命的信念と不屈の闘志を新たに固めて今後の実践闘争で実際の成果、実質的な革新を成し遂げていくという革命的熱意に溢れている。

大会は、続く。

 

 

     朝鮮労働党第8回大会の第4日会議     

 

朝鮮労働党第8回大会の4日会議が、1月8日に行われた。

総括期間のわが党と国家の全般活動を厳正に総括したことに基づいて、社会主義建設の新たな前進方向をはっきりと明示した党中央委員会第7期活動報告に接した大会参加者の忠誠の熱意と革命的勢いが非常に高揚した中で、大会は自分の活動を続けた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が大会場に姿を現すと、全ての参加者は雷のような「万歳!」の歓呼の声を上げた。

会議では、第1の議案「朝鮮労働党中央委員会の活動総括」に対する討論が行われた。

李日煥、金徳訓、朴正天、李炳哲、李善権、趙甬元、文景徳、朴鉄民の各氏が討論した。

各討論者は、わが党と革命発展において重大な意義を持つ科学的な闘争路線と戦略戦術的問題を全面的に反映した敬愛する金正恩同志の歴史的な報告を全幅的に支持、賛同した。

そして、党中央委員会活動報告は新たな発展段階へ移行した朝鮮革命の成熟した要求に即して党の指導力と戦闘力を全面的に強化し、朝鮮式社会主義建設の新たな勝利を獲得するための進路を明確に示した綱領的指針として、全ての党員と人民、人民軍将兵を果敢な闘争へと力強く鼓舞、激励することになるであろうと強調した。

各討論者は、敬愛する金正恩同志が時代と革命発展の要求に即して進むべき前途を明示し、全党、全国、全人民を賢明に導いて歳月を早める奇跡の時代を開き、われわれの主体的力と戦略的地位を非常に拡大、強化したことについて激情にかられて述べた。

総括期間、歴史の困難を正面突破し、朝鮮式社会主義偉業を勝利の道へ確信に満ちて導く党中央の卓越した指導力があまねく誇示され、社会主義建設の各分野で人民大衆第一主義政治がしっかり具現されて党への人民の信頼の念が比べようもなく高まり、革命隊伍の一心団結がいっそう打ち固められたことについて指摘された。

各討論者は、第7回党大会の決定貫徹のための自分の部門、自分の単位の活動で収められた成果と経験に言及し、現れた欠陥と原因、教訓を深刻に分析、総括した。

討論では、党大会が提示した国家経済発展5カ年計画を達成できなかった問題、党活動において親現実的で親人民的な方法を積極的に具現できなかった問題をはじめ、自分の部門の欠陥が冷静に批判されたし、活動家が難関の前で敗北主義、ことなかれ主義に陥って責任をもって働かないなら、党の決定が正しく貫徹されず、発展と革新が成し遂げられないという教訓が深刻に分析された。

前進途上で際会する難関を克服し、難問を自前で解決するための対応策なしに活動ではっきりした進展を遂げられなかった欠陥を批判、総括する討論を聞きながら参加者は、大会の思想と精神に立脚して自分の部門、自分の単位の活動を教訓的かつ発展的な見地から振り返った。

参加者は、党と革命偉業に対する忠実性と革命家的姿勢がどんな高さに到達すべきかを実感させる各討論を通じて大きな衝動を受けたし、互いの経験と教訓を真摯(しんし)に交わしながら今後の革新と発展のための意見を十分に交換した。

各討論者は、新しい抱負と理想を実現するためにいつも苦心し、主導性、創意性と進取的な仕事ぶりで全ての活動を力強く推し進めるための実践的方途について述べ、党と革命、祖国と人民のために奮励努力するという固い決意を厳かに披歴した。

朝鮮労働党第8回大会の第4日会議は、働く大会、闘争する大会、前進する大会の性格に合わせて全ての参加者の革命的情熱を限りなく噴出させ、党中央委員会活動報告で提示された闘争綱領を実現するための行程で聖なる責務を果たすという揺るぎない信念と透徹した覚悟を百倍にした。

大会は、続く。

 

Category: 日本語 | Views: 24 | Added by: redstartvkp | Tags: Pyongyang, Korea, DPRK, 8th Congress of WPK, WPK